0800-200-1038

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

愛知県

名古屋市中区のビルで屋上の防水修理をした事例(写真付)

2020年4月9日

名古屋市中区のビルで屋上から雨漏りが発生し防水工事を行いました。お客様から「今まで2回雨漏り修理を頼んだけれど、直らずに困っている。」というご相談があり、原因調査を丁寧に行い雨漏りを止めた事例です。

雨漏り匠ナビ 「雨漏り診断士」安藤

名古屋市中区ビル屋上雨漏り修理
名古屋市中区ビル屋上雨漏り修理

名古屋市のビルの屋上に雨漏り修用の荷物をクレーンで運ぶ様子です。

雨漏り診断士にお任せください。

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりを取りたい方や、他社の見積もりが不安な方もお気軽にご相談ください。優しいスタッフがご質問に一つ一つお答えしていきます。

名古屋市中区 屋上の防水修理 現地調査

名古屋市中区のビル屋上での現地調査の様子です。

名古屋市中区ビル 雨漏り現場調査
名古屋市中区ビル 雨漏り現場調査 雑草

この名古屋市中区のビルの屋上では雑草が伸びていて、その落ち葉などが排水口部分(ドレン)が詰まっていました。

名古屋市中区ビル 雨漏り現場調査 塗装の浮き
名古屋市中区ビル屋上 塗装の浮き

他にも、タイルのつなぎ目の口が開いていたり、浮いてしまったりと、ビルの屋上全体的な劣化がありました。

こうした細かいひび割れ(クラック)なども雨漏り原因になるため、入念な調査を行います。

台風シーズンにつき雨漏りの無料相談で電話が繋がらない時は、おかけ直し下さい。
※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

名古屋市中区ビル屋上で防水補修工事を行いました。

名古屋市中区ビル屋上防水工事 洗浄

防水工事をするためには、まず始めにビルの屋上の埃や汚れなどを綺麗にするために、高圧洗浄を行います。

名古屋市中区ビル屋上防水工事 古い排水口撤去
名古屋市中区ビル屋上防水工事 古い防水層撤去

次に屋上にある既存の防水層(劣化している排水口や傷んでいる防水シートなど)を撤去します。

名古屋市中区ビル補修工事防水工事 下地活性剤塗装

雨漏り補修で防水塗装を行うための下地処理を行っています。

屋上はプライマー塗装で下塗り

名古屋市中区ビル屋上防水プライマー塗装

プライマーとは下塗り用塗料の事です。プライマーを塗っておく事で、防水シートや塗膜が剥がれにくくなります。

アスファルト防水

名古屋市中区ビル補修工事 改質アスファルト

改質アスファルトというシートを貼っている様子です。この改質アスファルトは、ゴムのようになっているため、火で熱を加え溶かし隙間なく防水層が厚くして密着させて貼り付けていきます。

アスファルト防水は、合成繊維不綿布にアスファルトをしみ込ませた信頼性の高い防水材料です。水がもれなく、耐久性も高い材料です。
このアスファルトの防水材の表面を火であぶって溶かしながら貼り付けていく工法をトーチ工法といいます。
トーチ工法では、熱や煙がでないという安全性の高い工法のため、多くの現場で用いられています。

アスファルト防水の耐用年数は一般的に13~15年ですが、ビルの屋上防水であればこのトーチ工法がおすすめです。

名古屋市中区ビル屋上補修工事 改質アスファルト

名古屋市中区ビル屋上補修工事 金物の設置

名古屋市中区ビル屋上補修工事 金物の設置

新しい排水口の取り付けを行います。

名古屋市中区ビル屋上防水 トップコート塗装

トップコートは、ウレタン防水(防水層)を紫外線などから保護するために塗っています。

名古屋市中区ビル屋上補修工事 下地処理
名古屋市中区ビル屋上防水プライマー塗装
名古屋市中区ビル屋上防水ウレタン塗装

屋上のウレタンの防水塗料を塗っているところです。ウレタン防水塗料は、防水工事では比較的安く重ね塗りも出来るため、屋上だけでなくベランダの雨漏り修理などによく用いられる防水塗料です。

屋上防水ではよくウレタン防水とFRP防水という施工が用いられます。

これらは塗膜防水工法といって、防水機能のある塗料を塗っていく防水方法でシートのような継ぎ目がなく、防水層を作っていきます。
そのため屋上のような平らな場所の雨漏り対策や防水の補修などで一般的に用いられています。

名古屋市中区ビル屋上防水工事 シーリング補修

また、タイルや壁などの、つなぎ目が開いている部分は、シーリング材で補修を行い防水処理を行います。

名古屋市中区ビル屋上防水工事 雨漏り防水補修完了

以上でビル屋上の雨漏り防水工事が完了です。

雨漏り診断士にお任せください。

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりを取りたい方や、他社の見積もりが不安な方もお気軽にご相談ください。優しいスタッフがご質問に一つ一つお答えしていきます。

屋上で雨漏りする原因

ビルの屋上が雨漏りする原因は、排水口(ドレン)がゴミや雑草などで詰まってしまって雨水が溜まってしまうパターンがとても多いです。

雨水が溜まると、屋上に備わっている防水層の下にまで浸水してしまい、防水シートが膨れあがって、機能しなくなってしまいます。雨水が溜まれば溜まるほど、建物が劣化します。さらに少しでもひび割れが起きると、そこにまた雨水が入りこんでいくという、悪循環が生まれてしまいます。

雨漏り対策で大切なことは定期的なメンテナンスです。防水工事をしてから5年に1度ぐらいのペースで雨漏り修理工事の専門防水業者へのメンテナンスを依頼する事をおすすめします。

台風シーズンにつき雨漏りの無料相談で電話が繋がらない時は、おかけ直し下さい。
※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

名古屋市内業者の屋上防水工事の費用・相場

ここで名古屋市内の防水工事業者の一般的な費用・相場をお伝えします。

平米あたりの相場で

ウレタン防水=4,000~8,000円程度
シート防水=4,000~7,000円程度
FRP防水=5,000~8,000円程度
アスファルト防水=5,000~9,000円程度

が見積もりでも多い相場です。

ただし、実際の工事やビルの規模などで工事費用が大きく変わる事があります。防水素材のメーカーや面積、ビルの屋上の既存防水状態によってまったく違ってきます。

名古屋市内で

ビルの屋上劣化状況がひどくなってきて、修理工事の費用が気になる方や
ビル全体の修繕工事を検討中で屋上の防水工事の見積もりが欲しいという方
ビル屋上の床メンテナンスを検討しているため、価格が気になる方は
雨漏り匠ナビまで是非ご相談ください。

防水工事のための、劣化状況調査は防水専門家が行い、しっかり確認させて頂いたうえでお見積書をおつくりします。

お客様からのお声

今までに名古屋市内の2社に修理を頼んだけれど、雨漏りが止まらなかったのですが、今回依頼をしたら、雨漏り原因の調査もじっくりやって頂いて丁寧に仕上げて頂けて感謝しています。職人さんたちも、感じの良い人達だったので安心してお任せできました。



※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

施工事例



愛知県

名古屋市守山区マンションの屋上と階段防水工事

今回は、名古屋市守山区のマンションの屋上防水工事と階段通路の防水工事を行いましたので、その写真をご紹介していきます。 既存はゴムシートによる防水でしたが、かなり劣化が見られたため、新しくゴムシートで張り替えた時の様子です。 名古屋市守山区屋上ゴムシート防水 名古屋市守山区のマンションで屋上でゴムシート防水と、階段通路部分のウレタン防水工事を行っています。 施工前のマンションの屋上の様子ですが、写真のようにシートが浮いてめくれあがって、屋上の床面のコンクリート部分がむき出しになってしまっている事がわかります ...

施工写真を見る

愛知県

名古屋市東区でベランダ防水工事を行いました。

名古屋市東区のベランダ防水工事の施工写真と解説を行います。 今回のベランダ防水工事は、高圧洗浄、下地処理、ウレタン塗装によって、雨漏り修理を行いました。 ベランダが全体的に劣化して、クラック(ひび割れ)などが見られます。 こうしたひび割れが雨漏りの原因になるため、防水塗装を行って雨漏り対策を行います。 名古屋市東区 ベランダ防水工事の施工写真と解説 今回は樹脂ノロという、セメントと樹脂と水を混ぜ合わせたものを塗布しました。 下地処理では、ベランダの床部分と、床の上に貼る自着シートがしっかり密着できるように ...

施工写真を見る

愛知県

折半屋根の雨漏り修理 防水工事の施工写真(名古屋市戸建て住宅)

名古屋市の戸建て住宅で折半屋根の雨漏り修理のために防水塗装工事を行いました。 折半屋根の雨漏り修理前 折半屋根は、金属の屋根材のため雨風にさらされ、錆が出てきてしまいます。このまま放っておくと、屋根に穴があき雨漏りしてしまいます。 そこで今回は、折半屋根の雨漏りは防水塗装で対策します。また屋根が鉄板のため、屋根そのものはもちろん建物の中までかなり熱くなってしまいます。その熱を軽減させるために遮熱もできる防水塗料のFSコートで施工します。 下記URLより引用 http://www.dpcdpc.com/im ...

施工写真を見る

愛知県

アスファルトシングル屋根の修理の施工事例(名古屋市内マンション)

今回は、名古屋市内のマンションでアスファルトシングル屋根の修理を行った施工写真をご紹介します。 アスファルトシングル屋根の修理前 アスファルトシングル屋根の修理前の状態です。黒くなっている部分は屋根材が破れて剥がれている状態です。屋根材の剥がれが雨漏りの原因に繋がってしまいます。 アスファルトシングルの屋根は、施工する際にセメント系接着剤、釘で取り付けていくのですが、屋根材が柔らかく薄いため、捲れたり、剥がれたりと破損しやすいというデメリットがあります。 そのため、近年増えている強力な台風の後などに屋根の ...

施工写真を見る

愛知県

名古屋市の瓦屋根修理の施工写真と解説

名古屋市の戸建て住宅の瓦屋根修理を行いましたので、その時の施工写真を紹介します。 名古屋市で瓦屋根修理を! 名古屋市内の戸建て住宅で、瓦屋根の補修を行いました。この瓦屋根は、いわゆる「和瓦」と呼ばれる瓦です。瓦屋根は定期的にメンテナンスを行わないと、ズレたり割れたり、ゆがんできたりします。特にこの数年は強力な台風で瓦が吹き飛んでしまった、なんてご相談も増えています。 今回の瓦屋根修理は、漆喰の補修を行う比較的軽度の修理です。漆喰というのは塗料の一種で石灰に、ふのり・粘土などをねり合わせたものです。 漆喰の ...

施工写真を見る

愛知県

名古屋市内店舗の雨樋修理 施工事例

今回は、名古屋市内の店舗にて雨樋修理を行いましたので、その時様子をご紹介します。 そもそも、雨樋とは雨水を屋根などから寄せ集めて、地面に排水する大事な設備です。雨樋が機能しなくなると、雨水が逆流をおこしたり、洩れたりして雨漏りの原因にもなりやすいです。 名古屋市 店舗の雨樋修理前 修理を行う前の写真です。今回この雨樋のマス(屋上やベランダなどから流れてくる雨水を集めて、地面に流す縦の樋に排水する部分)が風などによってズレがおきて漏水している状態でした。ひび割れなどの破損はなかっため、雨樋は交換ではなくて修 ...

施工写真を見る

愛知県

瀬戸市でルーフバルコニーの雨漏り防水工事(写真と解説付)

今回は愛知県瀬戸市の雨漏り修理で、ルーフバルコニーの防水工事を行ってきました。 ルーフバルコニーという平らな場所での雨漏りだったため、ウレタン防水と長尺シートを使って防水工事を行いました。 瀬戸市 ルーフバルコニー雨漏り修理前 雨漏り修理前のルーフバルコニーの状態です。元々はFRP防水をされていたのですが、いたるところでひび割れが確認できました。これを放置しておくと、ひび割れがどんどん広がって、雨水の浸水が酷くなっていきます。 写真のように波状にシミができています。これは下地が劣化してきている可能性があり ...

施工写真を見る

愛知県

高浜市の雨漏り修理で屋上防水工事を行いました(写真・解説付)

今回は、愛知県高浜市の戸建て住宅で雨漏り修理工事を行ってきました。 戸建て住宅でも増えている陸屋根タイプのお宅だったため、ビルなどの屋上防水工事と同じようにドレンの交換と、防水工事で定番のウレタン防水塗装で雨漏り修理を行いました。 高浜市の雨漏り修理施工事例 施工前の写真では、元々あった防水層の劣化が見受けられます。ところどころ膨れ上がっていたり、めくれていたりと、雨、風などでのダメージが蓄積されていったのがわかります。 既存防水層を撤去しました。床面が、凸凹して荒れている事がわかります。 下地の処理とし ...

施工写真を見る


雨漏りに関する無料ご相談

最後に、今ご覧いただいているこのサイト「雨漏り匠ナビ」では、名古屋を拠点とした雨漏り修理の専門家が運営しています。

5年間無事故で愛知県より表彰も受けており、 雨漏り匠ナビでは、第一級防水施工技能士などの国家資格保有者を始め、
雨漏り診断士など、防水関係の専門スタッフが在籍しています。

雨漏り匠ナビは、学校、病院、大規模なマンション、ビル、工場、倉庫など様々な現場を経験してきたからこそ、雨漏り修理に、絶対的な自信があります。

私たちプロが責任をもって、雨漏り修理を行います。

お急ぎの方はもちろん、少しでも不安な気持ちがある方は、些細な事でも遠慮なくご相談ください。

気になる事がございましたら遠慮なくご相談ください。

-愛知県
-

Copyright© プロが厳選!雨漏り修理の優良業者のおすすめ , 2021 All Rights Reserved.