0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

部屋干しが与える家への影響とは?

梅雨や台風の時期の雨が多い季節は、洗濯物を室内に干すことが多くなると思いますが、季節や天候に関係なく、室内干しするお宅は増えています。

天候に左右されないので、突然の雨で洗濯物が濡れる心配もなく、取り込む手間も省けるので時間に縛られることもないです。洗濯物は、朝干すというイメージが強いかと思いますが、部屋干しのメリットはいつでも干すことができるということ。今は、家を建てる際に初めから部屋干しを考えて建てる方も多く、部屋干し用として室内に干せるスペースを確保したり、サンルームを設置するお宅も多いです。メリットが多い部屋干しですが、洗濯物は日光を当てて乾かしたいという方にとっては、部屋干しには抵抗があるという方もみえますよね。洗濯物を部屋干しするというと、生乾き臭や乾きにくさ、雑菌の繁殖など色々心配になると思いますが、扇風機やサーキュレーター、今は性能の良い除湿機なども多数あるので、それらを使用することによって解決できるでしょう。季節によっては窓を開け、換気をすることで空気の通り道を作ると乾きやすくなります。しかし、雨の日や気温の低い冬は、部屋干しする時に注意しなければならないことがあります。それは、濡れた洗濯物を室内に干すということは、部屋の湿度が上がるということです。雨の日はそもそも湿度が高いので、部屋干しすることでさらに湿度が上がるということになり、結露が発生しやすい環境となります。寒くなる冬は、暖房器具などで部屋を暖めると思いますが、暖房で暖まった部屋は乾燥しやすく、そこに部屋干しをする場合は洗濯物も乾きやすくなるため良いのですが、部屋の広さなど状況によっては結露が発生することがあります。暖房を使用しないで部屋干しする場合は、閉め切っていると湿度はまたたく間に上昇し、結露で窓は水滴だらけになってしまいます。暖房を使用するしないにかかわらず結露は発生しますが、使用しない場合は、より多くの結露が発生してしまうのです。結露は、そのままにしておくと家だけではなく私たちの体にも影響を及ぼすため、結露対策をすることが必要です。

結露が多く発生してしまうと何が怖いかというと、それはカビが発生することです。

結露をそのまま放置することで、窓のサッシやカーテンなどにカビが発生しやすくなり、そのカビを放置することでアレルギーや喘息などの被害をもたらすのです。カビが発生するのは想像以上にあっという間で、結露が発生したらスグに拭き取ることが効果的ですが、毎日となるとなかなかできないことも多いでしょう。拭き取れない場合の対策としては、水滴を吸収してくれるテープなどを窓に貼ったり、新聞紙を水滴が垂れる部分に敷き詰めておき、片付けるついでに拭き取りながら片付けると窓も綺麗になり一石二鳥です。ですが、そもそも結露を発生させないようにするのが1番良いので、除湿機やエアコンを上手く活用しながら部屋干しをするようにしましょう。換気をし、空気を循環させるのが良いですが、冬は窓を開けっぱなしにするのは寒すぎるので、定期的に数分でも良いので換気をするようにすると良いでしょう。

部屋干しをして、家に影響を与えるのは結露から発生するカビです。

窓の結露がカーテンに付着し、カーテンから部屋の壁に付着すると、壁にカビが生えることになるので注意が必要です。窓付近にコンセントがある場合も結露が付着するのには十分に注意するようにしてください。漏電や火災など予期せぬ被害へと繋がる恐れがあります。

これから家を建てる予定で部屋干しを考えている方は、部屋干しをしても結露の発生を防ぐことができる高気密高断熱仕様で、干す場所を確保することをオススメします。

家事の負担を軽減するために、乾燥機を使用するのも良いですが、電気料金が高騰している今は光熱費が気になるところですよね。生乾き臭に関しても気になるところだと思いますが、部屋干し用の抗菌洗剤を使用することで解決できるのではないでしょうか。また、洗濯機から干す場所までの動線はとても大切です。さらにそこから片付ける場所の動線も重要ですので、毎日の生活が少しでも楽に快適に過ごせるように工夫すると良いでしょう。

これから本格的に寒くなる冬は、外干しでも乾きにくいことが多いです。

洗濯はどのご家庭でも毎日行うところがほとんどですので、乾かない洗濯物が増えると困りますよね。生活環境や生活スタイルにもよりますが、毎日の家事の一部である洗濯物の負担を軽減したいのであれば、部屋干しはとても効果的で、時間や天候に左右されず、外から洗濯物が見えないので気にすることもなくなります。今年の冬はどんな寒さになるかわかりませんが、厳しい寒さになると予想されています。暖房や日光の当たる場所を上手く活用し、洗濯物の負担を少しでも楽にしましょう。部屋干しする場合は結露対策を忘れずに、寒い冬を乗り切りましょう。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2023 All Rights Reserved.