052-228-0754

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

修理料金

雨漏り修理業者の選び方 失敗例から8つの注意点をプロが解説

2020年3月23日

職人

このページでは雨漏り修理業者の選び方で気を付けるべきポイントを具体的な例とともにお伝えします。

雨漏りは自力で応急処置をしても、一時しのぎにしかならない場合がほとんどです。そこで、雨漏り専門の修理業者に直してもらおうと考える人は多いかと思います。

しかし「修理業者はどこに依頼したらいいの?」という新たな悩みが出てきてしまいますよね。実際、雨漏りの修理業者選び方がわからず、安さだけで決めて失敗した、悲しい思いをしたという声もよく聞きます。

そこで、今回は防水工事のプロである雨漏り匠ナビが、雨漏り修理の失敗例をもとに、信頼できる雨漏り修理業者の選び方を解説していきます。

これから雨漏り修理を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

雨漏り修理の失敗例

雨漏りでバケツを運ぶ女性

「雨漏り修理を業者に頼んだのに失敗だった」という事例が、意外と多くあります。実際に雨漏り匠ナビの運営元にも「他社で施工したのに結局止まらなかった」というご相談をいただくことがとても多いのです。

ここでは、防水工事の専門会社でもある運営元の実例をもとに、修理工事の失敗例を紹介していきますね。

雨漏りが止まらない

よくある失敗例が「業者に頼んだのに結局止まらなかった」というパターン。せっかく高いお金を払って工事しても、直らずに諦めてしまっている人が多くいます。

では、なぜ雨漏りが止まらなかったのか考えてみましょう。

雨漏り修理の正しい知識が業者になかったから

雨漏りを直すためには、原因を特定して、必要な工事を適切におこなう必要があります。しかし、実際に施工する修理業者は防水工事に特化していないケースも多くあります。

もちろん、雨漏りに特化していなくても知識と技術を持っている業者もいますが、なかには簡単なコーキング修理しかできない業者が修理をおこなうこともあるのです。
(コーキングとはゴムみたいな弾力と耐水性のある素材で、壁と壁の間や窓サッシ、水周りなどにも用いられている建材です)

そのため、雨漏りの原因を見逃してしまう場合や、簡単な部分補修だけで済ませてしまい、全然直らないという悲しい結果になってしまうことも少なくありません。

雨漏り修理業者がずさんだったから

さらに悪質な雨漏り修理業者になると、ずさんな施工をする場合もあります。形だけ屋根や屋上に上って調査を済ませてしまったり、コーキングで少し亀裂を塞いで施工を終わらせてしまったりすることもあります。

お客様の立場からすると、修理工事の知識がないため、実際に必要な修理をしてくれたのかどうかはわからないですよね。そのため、利益重視のずさんな業者が適当な工事をするという残念な事例があるのが実情です。

適切な工事をしても雨漏りが再発するリスクはある

雨漏りは、屋根や外壁、ベランダ、サッシや換気扇周りなどのわずかな隙間からでも発生します。また、原因が複数の箇所に及んでいるケースや、雨の浸入口と雨漏りの発生箇所が離れているケースもあります。

このように修理は、様々な要因を考えながら修理を行う、難しいものです。真摯に対応してくれるプロの雨漏り修理業者であっても、再発のリスクは全くないとは断言できません。大事なことは、修理をしてもらって完璧に止める、だけでなくて、その後、定期的なメンテナンスを行っていく事なんですね。

また、信頼できる業者であれば、万が一再発したときのために保証をつけていることもあります。保証がつけられるかどうかは、契約前に雨漏り修理業者に確認しておくと安心ですね。

施工箇所がすぐに劣化する

しっかりした修理業者であれば、数年後も安心して過ごせるように丁寧な工事をおこなうものです。

しかし、手抜きをするずさんな業者だと、必要な下準備を怠ったり、少ない材料で施工したりするケースもあります。

この場合は、工事完了直後には異変に気づくことができないため、しばらくしてから施工箇所の劣化に気づくことがほとんどです。

本来の寿命より早く劣化したからといって、なんの保証もなければもう1度高いお金を払って工事をするしかありません。雨漏り修理業者を選ぶことがいかに大切か、よくわかる事例ですね。

高額な工事費用を請求された

雨漏り修理工事で大切なのは、必要な工事を適正な価格でおこなうということです。でも、修理工事に見合った適正な価格を、お客様ご自身で見極めるのはとても困難です。

なぜなら、建物は1軒ごとに仕様が異なり、症状によって必要な工事もケースバイケースだからです。そのため、修理の相場を一般の方が判断するのが難しくなっています。

お客様が適正価格を知らないために、修理業者が相場に見合わない高額な工事費用を請求してくることもあります。見積りでわかれば契約をしないという選択もできますが、後から追加工事が必要になったと告げる悪質なケースもあるそうです。

では、逆に工事費用が安い雨漏り修理業者に頼めばいいかというと、そうとも限りません。工事費用が安いということは、本来必要な工事がおこなわれていないという危険性もあります。

そのため、修理工事の内容に見合った適正価格で依頼することが大切なのです。雨漏り修理業者を選ぶときのポイントはコラムの後半でお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんな雨漏り修理業者に要注意

実は身近にたくさんある修理の失敗例。これから修理を考えている人に向けて、注意すべき修理業者の特徴をまとめました。

見積り書の明細が不明瞭

雨漏り修理を依頼するときは、まず現地調査をして必要な工事の見積り書を作成してもらいます。そこで、注意したいのが、見積り書の書き方です。

通常、見積り書には項目ごとに単価を明記してあります。そのため、どの作業にいくらかかったのか、材料費はどれくらいなのかを確認することが可能です。

しかし、なかには工事金額を一式と記した見積り書を提出してくる業者もいます。一式と記してあると、何にいくらかかっているのか、相場と比較して適正かどうかがわからないため、契約前に明細を確認しておくことをおすすめします。

大幅な値下げをする

悪質な修理業者の中には、甘い言葉でお客様に契約させようとする人もいます。例えば、当初の見積りよりも大幅に値下げをする修理業者にも注意が必要です。

「値段が安くなるならいいのでは?」と思われるかもしれませんが、安いだけで品質のともなわない工事では、解決しません。元々金額を高く見積もって提示しておき、値下げによってお得感を演出している場合もあります。

お客様との商談によって多少の値下げをすることはありますが、あまりにも大幅な値下げをして、契約を迫ろうとする業者には注意が必要です。

質問しても答えられない

先にも紹介したように、プロの修理業者であっても原因を完全に突き止めることはとても難しいものです。そのため、より良い雨漏りの修理には専門的な知識や、工事の技術、豊富な経験が必要不可欠になってきます。

雨漏り修理を請け負う業者の中には、知識が十分でないところも少なくありません。そのため、疑問や不安に思っていることを質問すると、しっかりと答えられない業者もいます。

信頼できるプロの修理業者を選ぶには、雨漏りの悩みや質問にしっかり答えられるかどうかがポイントとなってきます。

あなたの悩みに寄り添って解決策を考えてくれる修理業者には、安心して修理を任せることができますね。

調査が適当

雨漏りの調査はパッと見ただけで原因を突き止められるものではありません。また、雨が降ったときでないと症状が出ないことも多いものです。

丁寧な雨漏り修理業者であれば、散水調査をして雨が漏れる経路をチェックします。とても地道な調査ではありますが、原因を突き止めるために必要な作業です。

しかし、適当な修理業者だと、調査を適当におこなうおそれがあります。そうすると全容を解明することができず、結果的に必要な工事を十分にできないということにもなりかねません。

そのため、工事の技術があるだけではなく、調査の段階から細かい点も怠らないということが重要です。

マナーが悪い

雨漏り修理業者を選ぶときには、職人のマナーにも着目してみましょう。防水工事をする場合は、音や素材の臭いが出るので、近隣の住民にも工事前に挨拶をします。また、休憩中などの態度も、付近の人からは意外と見られているものです。

施工を依頼するお客様は、現地調査の段階から修理業者と顔を合わせる機会があります。そのときに、気持ちのいい応対やマナーを持って接してくれるかどうかを見てみましょう。

職人には技術ももちろん大切ですが、マナーがよく、相手の立場に立って施工してくれる業者を見つけたいものです。相手の立場に立って考えられる業者であれば、お客様の雨漏りの悩みにも寄り添って解決しようとしてくれるでしょう。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

雨漏り修理業者をネットで選ぶときの注意点

ここまで悪質な修理業者の実例をご紹介してきました。悲しい現実ですが、まだまだずさんな工事をする雨漏り修理業者は存在しています。

でも、実際に雨漏りが発生してしまったら、なるべく早く修理業者を選ばなければなりません。のんびりと業者の選定をしている間に、被害によって大切な建物が傷んでしまうかもしれないからです。

雨漏り修理業者を選ぶ方法として、インターネットを活用するというのもひとつの手です。

ここからは雨漏り修理業者をネットで選ぶときの注意点を具体的に紹介していきます。これからインターネットで修理業者を選ぼうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

一括見積りサイトは防水のプロではない

インターネットで業者を選ぶときに便利なのが、一括比較見積りサイトです。一括比較見積りサイトは、雨漏りの症状を伝えると、複数の業者の見積りが同時に比較できるので、一定数の人気があります。

しかし、ここで注意が必要なのが、一括見積りサイトを運営しているのは雨漏り修理のプロではないということです。

一般的な一括見積りサイトは防水工事とは関係のない会社が運営しているので、運営元には防水や雨漏り修理の専門知識を持っている人がいないのです。

つまり、一括見積りサイトに登録している雨漏り修理業者が信頼できるところかどうかを運営元がプロの目線でチェックできないということでもあります。

それに対して、雨漏り匠ナビは、雨漏り修理や防水工事を数多く手がける専門会社が運営しています。

運営元にも防水の専門知識があるからこそ、安心して雨漏り修理を任せられる防水業者だけを厳選して紹介することができるのです。

インターネットの費用相場を鵜呑みにしない

インターネットの普及とともに、修理の情報も集めやすくなりました。ネットを見れば、工事金額の相場を調べることもできます。

しかし、雨漏りの状況や、それに見合った工事方法や材料というのは、現場調査を行わないと具体的には算出できません。

そのため、インターネットの費用相場はあくまで参考程度にしておき、早めに現場調査と見積り作成をプロの雨漏り修理業者にお願いするのがおすすめです。

雨漏り修理業者をどこにお願いしたらいいか迷った場合は、お気軽に雨漏り匠ナビにご相談くださいね。

安さだけで雨漏り修理業者を選ぶと危険な理由

雨漏り修理業者を選ぶ場合、いくつかの業者から相見積りを取ることもあるかもしれません。見積りを比較するときは、金額だけでなく、現地調査の際の対応なども視野に入れて決めることをおすすめします。

また、いくつも見積り書があると「結局安いほうがよいのでは?」と思うかもしれませんが、価格の安さだけで雨漏り修理業者を選ぶのは危険です。

なぜなら、安く見積りを出しているということは、必要な材料や工程を少なく見積っているいるおそれがあるからです。適切な工事をしないということは、結局雨漏りが直らないという事態にもなりかねません。

そのため、安さだけを売りにしている業者に雨漏り修理を依頼するのは要注意です。

信頼できる雨漏り修理の業者の選び方

それでは「本当に信頼できるプロの雨漏り修理業者はどのように選べばよいのか?」という疑問にお答えしていきましょう。

雨漏りの専門知識がある

雨漏りを根本的に解決するためには、さまざまな知識に基づいた的確な判断と工事が大切です。

  • 建物の形状・材質
  • 雨漏りの原因
  • 雨漏りを止める工事の方法
  • 工事に必要な材料
  • 必要な工期と職人の人数
  • 少なくともこれらの知識が必要で、さらに雨漏りの状況にあわせた総合的な判断力が必要になってきます。

    雨漏りの知識がある業者かを知るには「雨漏り診断士」の資格を持っているかどうかを聞いてみるのもおすすめです。雨漏り匠ナビの運営元には雨漏り診断士が在籍しているので、疑問点があればお気軽にご相談くださいね。

    現地調査の報告と適切な工事の提案

    雨漏りの調査は、屋上などの高所でおこなう場合も少なくありません。そのため、お客様自身で原因を探すのは危険がともない、難しい場合もあります。

    調査を雨漏り修理業者にお任せする場合、現場の写真を見せながら状況を説明してもらうと安心ですね。

    お客様自身で見ていないのをいいことに、不要な工事を提案する業者もいるので、不安な点は画像や映像でしっかりと確認することをおすすめします。

    原因報告とともに大切なことが、適切な工事の提案です。

    防水工事の知識がない一般の方にはなかなか判断しづらいことではありますが、丁寧な説明と、理にかなった工事の提案をしてくれる雨漏り修理業者に依頼するのが安心です。

    場合によっては、予想よりも雨漏りの被害が少ないということもあり得ます。そうした場合に、必要以上に大規模な修繕を提案するのではなく、状況に見合った工事内容を提案してくれる業者が誠実だといえるでしょう。

    保証が付く

    雨漏り修理業者が手を尽くしても、雨漏りが再発してしまうことは全くないとは言い切れません。それくらい、確実に直すということはとても難しいことなのです。

    そこで、おすすめなのが保証をつけてくれる雨漏り修理業者に依頼するということです。修理内容によって保証の有無は異なるので、万が一の場合に備えて保証をつけておきたい人は、見積りをもらったときに雨漏り修理業者に相談しておくとよいでしょう。

    お客様の悩みに寄り添ってくれる

    これから雨漏り修理を依頼しようと考えているお客様は、目の前の雨漏りの問題に悩みを抱えていることでしょう。そういった悩みや不安を汲み取り、お客様の目線に立って解決する姿勢が大切であると、私たち雨漏り匠ナビは考えています。

    いくら、雨漏りの知識や防水工事の技術が高くても、お客様の悩みや困りごとを解決して、安心できる環境を提供できなければプロの雨漏り修理業者とはいえません。

    もし、これから修理業者を選ぼうと考えている方は、細やかな気配りや悩みごとに寄り添う姿勢があるかどうかを見ておくことをおすすめします。

    防水のプロを厳選した雨漏り匠ナビにおまかせ

    まだまだずさんな修理業者もいる中で、信頼できる防水業者を選ぶ方法をご紹介してきました。お客様が信頼できる雨漏り修理業者を選ぶお手伝いができるのが、雨漏り匠ナビです。

    雨漏り匠ナビでは、防水のプロが厳選した信頼できる修理業者だけを紹介しています。単に知識や技術があるというだけでなく、お客様目線に寄り添った雨漏りの解決策を見つけられる防水業者を探している人におすすめです。

    今まで、ずさんな修理で悲しい思いをしてきた人や、深刻な雨漏りに悩んでいる人に、大切な建物を守っていただければと考えています。

    なかなか信頼できる業者が見つからず困っている人は、ぜひ雨漏り匠ナビを活用してみてくださいね。

    雨漏り診断士にお任せ!

    雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

    ※悪徳業者に騙される前に相談

    ※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

    まとめ:雨漏り修理業者は安さよりも信頼で選ぶのが大切!

    今回のコラムでは、いま現在雨漏りに悩んでいる人や、腕のいい修理業者を見つけられずに困っている人に向けて、雨漏り修理業者の選び方についてご紹介してきました。

    修理業者の中には、ずさんな工事をしたり、適切な工事が提案できなかったりするところもまだまだ多いのが実情です。

    最近では、インターネットを使えば修理業者の一括比較見積りができるサイトもあり、便利になりました。しかし、一括見積りサイトの運営元には雨漏り修理や防水工事の実績がないため、本当に信頼できるプロの業者を審査して紹介するのは難しいと考えられます。

    雨漏り匠ナビは、防水工事・外壁塗装など建築の知識や実績がある専門会社が運営しています。そのため、プロの目線で選んだ本当に信頼できる優良な修理業者のみをご紹介しています。

    根本的に解決して、再発を抑えるためには、正しい知識・豊富な経験・確かな技術が必要です。

    雨漏りでお悩みの方は、ぜひ雨漏り匠ナビにお気軽にご相談ください。

    雨漏り診断士が対応

    雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

    ※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

    雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

    各地域の雨漏り修理費用の相場

    北海道地方 北海道
    東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
    関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
    中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
    近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
    中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
    四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
    九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

    -修理料金

    Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2020 All Rights Reserved.