052-228-0754

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

修理料金

雨漏り調査の費用と4種類の方法を解説します。

雨漏り調査

今回は、雨漏りの調査方法について解説します。

雨漏りの原因を突き止めるために大事なことは、雨漏り調査です。

調査に費用と時間をかけて修理を行わないといけないのか、と思うかもしれません。しかし、雨漏りの原因は非常にわかりにくいため、雨漏り調査を丁寧に行わなければ雨漏りを止める事が出来ないのです。雨漏り調査をしっかり行うことで、確実な雨漏り箇所の特定ができ、修理を行えます。

そして雨漏り調査方法には、いくつかの方法があります。

どの雨漏り調査方法を行うことで確実な雨漏り修理になるのか、
このページでは、雨漏り調査方法に対してわかりやすく解説していきます。

細かい部分もしっかりチェックして、雨漏り調査の際に役立てましょう。

雨漏り診断士が厳選

優良雨漏り修理業者の無料紹介はこちら

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

4つの雨漏り調査方法の種類と費用

一般的な4つの雨漏り調査方法とかかる費用

  • 散水調査 5~10万円
  • サーモグラフィー調査 20万円前後
  • 色水・蛍光塗料の調査 15~20万円
  • 目視調査 無料~5万円

また各調査で、高所での調査が必要になる場合、高所作業車の費用が別途5万円ほどかかる事もあります。

この4つのポイントをしっかりと把握して、雨漏り調査の際に役立てましょう。

散水調査

雨漏り調査方法でよく使われる方法といえば、散水調査です。
散水調査は、雨漏りが発生していると想定される場所に水をかけて、雨が降っている状況を再現して雨漏りを見つける方法です。

雨漏りは、建物のどこかに発生している雨水の浸入口があり、その部分から雨水が入ることにより起こります。

実際に雨が降っていることを散水で再現して調査することで、雨水の浸入口発見に役立ちます。
水をかけるシンプルな調査ですが、雨降りした際の状態を再現して行う確実な調査となります。
水の量やかける時間、水の向き、強さなど様々な変化をつけて、雨漏りする際の状態を再現できる唯一の雨漏り調査方法です。

調査員の経験や知識などが必要な調査であり、一見簡単そうに見えますが高度な技術が必要な調査です。

原因が特定できない場合、様々な水のかけ方を行います。
そのため、半日から1日、それ以上かかる場合もあります。
時間がかかることがありますが、様々な散水方法により確実な原因追及となります。

散水調査で使う道具は、ホースやシャワーホースなどです。高圧洗浄機は、絶対に使いません。その理由は、高圧で水がかかることにより建物に水が入ってしまうことがあるからです。

散水調査の際に高圧洗浄機を使う業者は散水調査のことをわかっていない証拠となりますので、絶対に依頼してはいけません。

散水調査を行う際には、どのような散水方法を行うのか説明を聞いてから、依頼をしましょう。

散水調査に係る調査費用は、5~10万円ほどです。

散水調査の多くはお客様の水道を使わせてもらうので、水道代はお客様の負担となります。
その他、高所での調査の場合、5万円ほどの高所作業車の費用も加算されます。

サーモグラフィー調査

サーモグラフィー調査は、赤外線を検知するカメラを使い建物の温度を測定する調査方法です。
赤外線は、温度がある物質より放射される見えない光です。
建物から放射される光を使って温度分布を計測し、建物の温かい部分と冷たい部分を見分けます。

水のない部分は高い温度となりますが、水がしみている部分は冷たくなります。
そのため、温度の違いにより雨漏り箇所を見つけることができます。

確実な雨漏り調査方法ですが、1つ気にすべきポイントがあります。

それは、今現在濡れている状態ではないと確実な調査とならないことです。

今まさに雨漏りが発生していてる部分が塗れていないと、温度変化が発生しません。
そのため、今現在雨漏りが発生している場合、調査に使うことができます。

サーモグラフィー調査の費用相場は、20万円ほどとなります。
その他、高所での調査の場合、5万円ほどの高所作業車の費用も加算されます。

現在雨漏りが発生している場合は正確な診断となりますので、おすすめの調査方法です。

色水・蛍光塗料の調査

色水や蛍光塗料を使った雨漏り調査は、発光塗料を混ぜた検査液を雨漏り原因と想定される部分に流し込み、紫外線を当てて発光した場所により原因を調査する方法です。
7色の調査液を使って、雨漏り箇所と経路の特定ができます。

雨漏りの原因は、1か所ではない場合があります。
複数の場所からの原因の場合、複数の雨漏りの浸入口の特定が必要となります。
色水や蛍光塗料を使い、浸透した部分に様々な色に変えて見せることにより、複数の経路を突き止めることができます。

散水の際に使う特殊液は無色透明なので、見ただけでは色が付いていることはわかりません。
紫外線ライトに照射した時のみ反応するので、調査後に室内に色が残ることはありません。

色水・蛍光塗料の調査の費用の相場は、15~20万円ほどです。
その他、高所での調査の場合、5万円ほどの高所作業車の費用も加算されます。

複数に雨漏りが発生している場合、ピッタリの雨漏り調査方法です。

目視調査

目視調査は、経験と知識がある調査員が目で見て雨漏りした部分を調査する方法です。
調査員が推測し、内壁のつなぎ目や天井の上などを目で見て、雨水浸入の跡を調査します。

調査員の実績や熟練度により精度が異なり、ある程度の原因を特定することができます。
シンプルな調査方法であり、目視調査と上記に挙げた3つの調査を併用することが多くあります。
目視調査を行うことにより、以降の雨漏り調査をスムーズに行うことができます。

目視調査の調査費用の相場は、5万円程度です。

雨漏り診断士が厳選

優良雨漏り修理業者の無料紹介はこちら

※悪徳業者に騙される前に相談

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-修理料金

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2020 All Rights Reserved.