0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

いきなりの雨漏り…まずは応急処置しよう!

突然に雨漏りしたら慌ててしまって、どうしたら良いのかわからなくなってしまいますね。バケツや桶を持ってきて、落ちてくる雨粒を受けるぐらいしか思いつきません。しかし、雨漏りを甘く見ていると、後々大変なことになってしまいます。フローリングや畳を湿ったままにしておくと、変色や劣化を早めることになります。また、見えないところでカビやシロアリの発生を誘発してしまうことも少なくありません。
いきなりの雨漏りの時に、やるべき応急処置を紹介していきます。

雨漏りの応急処置をするのはなぜ?

いきなり起こった雨漏りを放置したばかりに、建物の主要構造部まで劣化したり、壁内結露で体調不調になることもあります。台風や豪雨、夜間には業者もすぐに来てくれません。
自分で応急処置をして、被害を最小限に抑える必要があります。
驚いたり、焦ってしまったりしますが、速やかに対処することで、後の修理費用も不快感も削減することができます。
まずは、建物の劣化を最小限に抑えることを念頭において、落ち着いて対処しましょう。

室内の雨漏り応急処置

雨漏りは室内への被害を大きくします。天井からの雨漏り、壁や床への水溜り、結露水の被害など、雨水がもたらす影響は大きい損害につながります。室内の各部位で起こる雨漏りの症状に、応急処置で対処しましょう。

【天井からの雨漏り】

天井からの雨漏りは、定番のバケツで対応します。床にバケツを置いて、雨水が飛び散るのを防ぎ、床が濡れるのを防ぎます。水に弱いフローリングや畳は、水によってダメになってしまい、張替えの必要が出てきます。バケツで雨水を受けるのと同時に、バケツ下にタオルや新聞紙を敷いて、水しぶきの跳ね返りを防ぐようにしましょう。

【窓枠やサッシ周りの雨漏り】

窓まわりから雨漏りが起きることも多く、窓枠やサッシは要注意個所となります。
窓やサッシからの雨漏りは、雑巾でキレイに拭き取るようにして、しばらく雑巾を置いて、吸い込ませることも必要です。
窓周りは木枠や壁紙、石膏ボードなど水に弱い素材で作られていますから、水分を長く留めないようにして、ダメージを最小限に押さえましょう。

【内壁や換気口からの雨漏り】

内壁にじわじわ浸み出してくる雨漏りは、雑巾などでキレイに吸い取って、内壁に水分の影響を残さないようにします。台風など強風の向きによっては、換気口周囲から雨漏りが起こることもあります。やはり、雑巾でキレイに拭いくようにします。
換気扇は、しっかりと閉じておきましょう。

室外の応急処置

雨漏りが発生したら、屋根や外壁など室外の応急処置もできればベストです。
室内への被害を最小限にとどめることができるからですが、危険を伴う作業になるので、安全確保が必須になります。

【屋根にブルーシートを掛ける】

明らかに屋根からの雨漏りの場合は、屋根にブルーシートを被せて、雨水の浸入を防ぎます。
ブルーシートを屋根に被せたら、両隅のハトメ部分に土のう袋(土入り)を下げることで、ブルーシートの飛散を防ぎます。

【防水テープで浸入口をふさぐ】

雨漏りしている部分が明らかな場合は、防水テープを使って、雨の浸入口をふさぎます。
テープを張る前に雑巾などで、綺麗にしてから張らないとすぐに剥がれてしまいます。

【シーリングで雨水浸入部分をふさぐ】

外壁やベランダなどシーリング(コーキング)充填で雨水の浸入を抑えられそうな部分は、シーリング充填しましょう。
雨漏りの部位素材によって、使うシーリングは異なってきます。雨漏り部位を綺麗に拭いてから、プライマーがある場合は、プライマーを塗布してからシーリング充填します。

応急処置の注意点

外部雨漏りの応急処置は、高所作業になる場合も多いので、1人での作業は危険です。
必ず複数で作業するようにしましょう。瓦屋根など屋根材が動く場所や、雨でぬれている場所での作業は、たいへん危険です。運動靴などで屋根に上がるのは、絶対に止めて、滑らない作業靴を履いて行います。
雨漏りの原因は多岐に渡ります。防水テープやコーキングで処置しても、雨漏りは治まらない場合も多くあります。一か所塞いでも、他の場所から浸入したり、再発を繰り返したりします。応急処置した後は、根本的な対策工事が必要なので、専門業者に相談しましょう。
雨漏りは放っておいても治りません。修繕しない限り、雨漏りは続きます。
建物の劣化を止めるためにも、早めの修理を依頼しましょう。

まとめ

今まで経験しなかった雨漏りがいきなり起こったら、やはり焦ってしまいます。
雨漏りに気付いたら、いかに早く対応するかが建物の劣化を食い止めるポイントです。
自分で出来る作業は、専門業者が駆けつけるまでの応急処置でしかありません。雨漏りが止まっても、根本的に何も解決していませんから、出来るだけ早く業者に来てもらい、原因調査と修繕を依頼しましょう。
応急処置に無理は禁物です。
作業に危険を感じたら、即時に中止して、業者が来るのを待つようにしましょう。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.