0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

雨漏り修理には火災保険が使える?

漏り匠ナビで雨漏り修理に火災保険を使う際は

1、雨漏り匠ナビによる現場調査

まずは、雨漏り匠ナビまでご相談ください。雨漏りの被害や現場の状況を調査に伺い、見積り書を作成します。現場調査と見積り作成は無料なので、お気軽にご相談ください。日本全国の雨漏り匠ナビ認定業者にて対応可能です。

2、保険会社に申請する

ご自分が加入している火災保険の会社に連絡し、保険の補償対象であることを確認します。火災保険の対象かどうかは、最終的には保険会社の判断です。ただ、火災保険を申請する場合には、書類記入や、修理費用の見積もり提出が必要です。そのため、雨漏り匠ナビ認定業者に現場調査・見積作成を依頼して下さい。火災保険の申請は加入者本人がおこなう必要があるため、代行することはありません。

3、保険会社による審査

保険会社が申請内容を審査 火災保険の補償対象になるか判断

4、雨漏り修理

工事内容を決定・契約後、雨漏り修理がスタートします。

雨漏り修理に火災保険を使うとき

雨漏り修理に火災保険を使うときには、申請に必要な要素があります。

被害状況を記録する

風災、雪災、雹災、台風、強風、突風、竜巻などにより、建物が壊れてしまったら被害状況を写真にしっかり撮影し証拠や記録を残しましょう。屋根など危ない場所の被害は、危険ですのでご自身や一般の方で行わないようにしてください。雨漏り修理業者が現場調査をおこないます。

火災保険は本人が申請する

火災保険の申請は加入者本人でないと不可

代理人によって申請することができないため、もちろん雨漏り防水工事業者にも代行はできません。申請のやり方や見積書の作成など、不明な点があればお答えできるので、まずは雨漏り匠ナビまでご相談ください。

火災保険の申請には期限がある

自然災害による建物の破損などは、保険法によって申請を3年以内におこなうように定められています。証拠写真などしっかり記録しておけば、過去3年にさかのぼって申請できる可能性があります。加入されている保険会社によってこの期限や、火災保険対象となるか、保証額などは異なります。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.