0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

梅雨の時期に注意すべき病気を3つ紹介

梅雨はさまざまな病気にかかりやすい季節となっています。
雨が多いため、服や髪が濡れてしまい、風邪を引くことが多いかもしれませんが、実はそれ以外にも注意すべき病気が数多くあります。
そこで、今回は梅雨の時期に注意すべき病気を3つ紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

梅雨に注意すべき病気①:うつ病

まず、注意すべき病気はうつ病です。
うつ状態になりやすい原因の1つとして、日光を浴びないことが挙げられます。
梅雨の時期は、当然雨が増え外出する機会が減るので、日光を浴びることは少なくなりますよね。
日光はセロトニンの分泌量に大きく影響するのですが、セロトニンの分泌量が少ないとうつ病になりやすくなります。
セロトニンは日光を浴びれば多く分泌され、日光を浴びなければあまり分泌されません。
そのため、梅雨の時期はうつ病になりやすくなると言えます。

特に、一人の世界に閉じこもってしまう方や新入生・新入社員や転勤・異動で環境が変わった方、気圧の変動により頭痛や自律神経系の変動をきたしやすい方は、うつ病になりやすくなります。

雲がかかっていても日光を感じることはできるため、積極的に外出するのが好ましいでしょう。
特に晴れの日は外出しましょう。
また、生活リズムを直したり、悩みがあればそれを人に打ち明けたりすることで、うつ症状は改善される可能性が高くなります。

梅雨に注意すべき病気②:食中毒

続いて注意すべき病気は食中毒です。
梅雨は湿気が多くなり、食べ物の管理を適切に行わないと食中毒になる可能性があります。
湿気が多いと菌が繁殖しやすくなるため、管理が雑になっている場合には注意が必要です。
特に、食材や総菜の買い置きをよくする方は注意しましょう。
食中毒は場合によっては命に関わることなので、軽視せずにきちんと対策をするようにしましょう。

梅雨に注意すべき病気③:気管支喘息

最後に注意すべき病気は、気管支喘息です。
梅雨の時期は、もともと喘息を持っている人の症状が悪化することもありますし、初めて喘息を発症する人もいます。
すぐに効果の出る対策はあまりありませんが、こまめな掃除は欠かせません。
また、布団の乾燥なども対策としては考えられるでしょう。
そして、何よりも大事なのは規則正しい生活を送ることです。
いくら掃除をしたり布団の乾燥をしたりしても、規則正しい生活が送れなければ喘息になる確率が高まります。
もし、喘息かな?と感じたらお早めに医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

今回は梅雨の時期に注意すべき病気について紹介しました。
うつ病、食中毒、気管支喘息の3つには特に注意しましょう。
そのほかにも梅雨になりやすい病気はいくつかあるので、健康には留意して過ごすようにしてください。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.