0800-200-1038

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

線状降水帯とは?集中豪雨の危険性や発生のメカニズムをプロが解説!

線状降水帯という言葉を聞いたことがありますか?
集中豪雨や大雨の時に、天気予報で聞いたことがある人も多いかもしれません。

結論から言うと、線状降水帯は集中豪雨が発生しやすい現象です。いざという時、安全に行動できるように、線状降水帯がどのようなものかを知っておくことは大切ですね。

今回のコラムでは、線状降水帯とはどのようなものか、なぜ危険であるのかということを解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

線状降水帯とは?特徴やメカニズムを解説


まずは、線状降水帯の特徴についてご説明します。

線状降水帯とは、発達した積乱雲が帯状に連なることで強い雨をもたらす気象現象のことです。

積乱雲は、豪雨をもたらすことが多くあります。積乱雲の集合体である線状降水帯によって、集中豪雨が起こるのです。

線状降水帯が発生するメカニズム

天気予報では「大気が不安定」という言葉がよく使われます。

地上には暖かい空気があるけれど、上空には冷たい空気がある場合、大気は不安定であると言えます。

暖かい空気には、上昇する性質があります。そのため、地上の暖かい空気が上昇していくと、上空の冷たい空気によって冷やされ、氷の粒が生まれます。そして、その粒が積乱雲へと発達します。

積乱雲は強い雨を降らせながら、風に流されて風下へ移動します。すると、積乱雲が移動したことで空いた空間に、新たな積乱雲が生まれるのです。
この繰り返しによって、帯状の積乱雲の集合体が出来上ったものを線状降水帯といいます。

線状降水帯は夏に発生しやすい

線状降水帯が発生しやすい季節は夏です。

なぜなら、夏は大気が不安定になりやすく、積乱雲が発達しやすいからです。

積乱雲が連続的に発達すると線状降水帯が発生します。そのため、夏は集中豪雨が起きやすいのです。
夏といえば台風がやってくる季節ですが、線状降水帯による集中豪雨が発生しやすいことも、ぜひ覚えておいてくださいね。

線状降水帯になりやすい地形

線状降水帯が発生しやすい地形は、海に広く開けた地域や山脈のある地域です。

海から流れてきた暖かく湿った空気が山脈にぶつかり、上空に上がっていくことで、積乱雲が発生しやすいからです。

日本には線状降水帯が発生しやすい地形が多いので、全国的に注意が必要です。

線状降水帯が危険な理由


続いて、線状降水帯が危険である理由について解説しましょう。線状降水帯が発達することによって、激しい集中豪雨が発生します。その結果、大規模な自然災害が起きる可能性が高くなるのです。

過去に線状降水帯が原因で発生した豪雨は、数多くあります。特に大きな被害をもたらしたものをご紹介しましょう。

発生日 災害の名称 被害
平成25年(2013)8月9日 秋田・岩手豪雨 秋田県、岩手県の県境周辺で大雨による土砂崩れが発生。死者2名。
平成26年(2014)8月20日 平成26年8月豪雨 広島市安佐北区、安佐南区の住宅街で大規模な土砂崩れ。死者74名。
平成27年(2015)9月9日〜11日 関東・東北豪雨 茨城県、栃木県、宮城県を中心に河川の氾濫が発生。死者20名。
平成29年(2017)7月5日〜6日 九州北部豪雨 福岡県・大分県で河川の氾濫、土砂崩れが発生。死者40名。
平成30年(2018)6月28日〜7月8日 平成30年7月豪雨(西日本豪雨) 岡山県、広島県、愛媛県など西日本各地で河川の氾濫が発生。死者263名。
令和2年(2020)7月3日〜31日 令和2年7月豪雨 九州地方、岐阜県、山形県など全国各地で豪雨となり、各地で河川の氾濫、土砂崩れが発生。死者82名。

最近は、毎年のように線状降水帯による大災害が発生しています。そして、どれも7月から9月にかけて夏の時期に発生しています。

このように、線状降水帯は激しい集中豪雨を引き起こし、甚大な災害を発生させる可能性が高いので、非常に危険なのです。

近年は集中豪雨による被害が増えているので、台風だけでなく、線状降水帯の発生にも注意することが大切です。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

線状降水帯で大雨になる前にすべきこと

最後に、線状降水帯によって大雨になりそうな場合に、準備しておくことについて解説します。

安藤
大雨が降ると、自宅に雨漏りが発生するおそれがあります。
事前に雨漏りしそうな場所がないか、しっかり点検しておきましょう。

雨漏りの点検ポイント

建物が劣化して亀裂や隙間ができていると、雨漏りが発生するリスクが高くなります。
雨はわずかな隙間からでも浸入するので、日頃から家を点検しておくことをおすすめします。

雨漏りの原因となりやすい場所は以下の5箇所です。高所作業は危険なので、プロの業者に点検してもらいましょう。

屋根 屋根材の破損、剥がれ
外壁 外壁の亀裂、コーキングの劣化
ベランダ ベランダ防水の劣化、手すりの劣化
雨樋 雨樋の破損、ゴミのつまり
窓サッシ周辺 窓サッシの劣化

また、実際に雨漏りしてしまった場合も、すぐに業者に相談してください。
雨漏りしたままにしておくと、損傷がひどくなってしまいます。次の大雨が降る前に、しっかり修理することが大切ですね。

まとめ:線状降水帯が発生する前に自宅の点検をしよう!

今回は線状降水帯について詳しく解説してきました。
線状降水帯による大雨から、大切な自宅を守るために、この機会に自宅の様子を点検してみてくださいね。

万が一、建物に劣化が見られたら、早めにプロの雨漏り修理業者に相談するのがおすすすめです。
雨漏り匠ナビでは雨漏り修理の実績が豊富な業者が現地調査をしています。お気軽にご相談ください。

雨漏り診断士が対応

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2021 All Rights Reserved.