0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

外壁からなぜ雨漏りがするのか

外壁からなぜ雨漏りがするのか
雨漏りは天井だけでなく外壁からもします。
その原因は、外壁材の劣化、自然災害やその他の要因による損傷などが考えられます。
特に、家全体が劣化している建物であれば、その被害が出やすくなります。
場合によっては保険を使うこともできますが、雨漏りはしない方が良いです。
そのため、あらかじめ雨漏りを予防しておく必要があります。

雨漏り鑑定士にお任せ!

雨漏り修理のご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

雨漏りを予防するためのチェック項目

では、雨漏りを予防するためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?
チェック項目をまとめました。
屋根のチェック項目
・軒裏のシミの有無
・瓦屋根の場合なら瓦のヒビや欠け
・雨樋のヒビやゴミ詰まり

外壁のチェック項目
・目立った変色はないか
・サイディングのボード同士の溝にヒビが入っていないか
・ベランダの裏側のシミや汚れ

その他のチェック項目
・天井の壁紙の裏側のカビの有無
・天井のシミの有無
・押入れなどのカビ臭さ

このチェック項目を確認しておくと、雨漏りの危険性のある箇所をあらかじめ把握することができます。定期的に確認するようにしましょう。

防水効果の高い塗料とは?

さて、これまで見てきたように早めに雨漏りの兆候を見つけることで、効率的にその手当ができることがお分かりいただけたかと思います。

ここで、防水効果が期待できる外壁塗料を2種類紹介します。

ただし、外壁材自体の損傷が激しい場合は、塗料だけでは対応しきれない場合があります。
その場合は業者に依頼するなどして対処するようにしてください。

ウレタンによる防水

塗膜で防水する工法としてはこれが現在主流です。液体ウレタンを複数回塗ることで防水層を作ります。柔らかい性質を持つウレタンは、どんな形状の屋根や壁の継ぎ目でも密着して防水膜を作ります。

施工する会社が多いこと、施工日数が短く済む、費用が安いなどのメリットがあります。一方で耐久性はやや低めというデメリットも。

FRPによる防水

ガラス繊維強化プラスティック(FRP)を塗って防水層を作ります。5層に重なった塗膜が高い防水性を発揮します。

軽量・耐久度の高さ、施工が早く済むなどのメリットがある一方、施工時に臭いがある、地震などの揺れに弱いなどのデメリットもあります。

雨漏り鑑定士にお任せ!

雨漏り修理のご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

まとめ

今回は、雨漏り対策に特化した外壁塗料を2件紹介しました。
また、雨漏り対策を普段からしておくべき理由についても理解していただけたことと思います。

通常使用される外壁塗料でも防水性は大切な要素ですが、修理に関してはできるだけ専門家の意見を聞いて、適切な対策を取られることをおすすめします。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.