0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

カビが生える仕組みについて

気付いたら家中の至る所に発生するカビですが、とても厄介な存在ですよね。

梅雨や冬場に限らず、年中何処にでも発生する可能性がありますが、そんな厄介なカビは何故発生するのかご存知でしょうか?

まず、空気中には常にカビの胞子が浮遊しており、その数は数個から数千個と多く、色々な物を栄養源として増えていきます。
建物の建材や汚れほこり、至る所で使用されている接着剤や塗料など、様々な物を栄養源とします。
そこに酸素が必要となってくる為、家中の何処にでも発生する可能性があるのです。
温度や湿度も関係しますが、それに関係なくカビが発生するのが最近の実情です。
部屋の湿度は、場所によって高い低いとバラバラである為、年中何処にでも発生するのです。

カビが発生したまま放置をすると、空気中にカビの胞子が大量に存在していることになります。

それらを知らず知らずのうちに、体内に吸収してしまっている為、様々な体の不調がある方は、カビが原因ということが多かったりします。
アトピー性皮膚炎や鼻炎や喘息などの原因になっている場合がありますので、カビを見つけたら放置することだけは絶対にやめた方が良いです。
花粉症がヒドイ人の中には、カビアレルギーによる症状ということもありますので、1度部屋中を掃除するということも大切です。
カビによって起こる病気は、他にもたくさんあります。
肺炎や肝臓腎臓病、癌など恐ろしい病を引き起こす原因にもなりかねないので注意が必要なんです。

家の中でカビをよく目にする場所と言えば、お風呂場じゃないでしょうか?

水場は湿度も上がりますし、その湿度がこもりやすい上にカビの栄養源になる物がそろっているので、すぐに発生してしまうのです。
対策としては、窓を開けて湿気を逃がし、水場全体の水分を拭き取ることですが、毎日できるかと言えばなかなか難しいですよね。
発生してしまったとしても、赤カビから黒カビになる前に対処することが望ましいでしょう。

また、水場と言えばキッチンですが、キッチンにあるシンクも気付いたらカビが発生していることが多い場所だと思います。

そんなキッチンの掃除ですが、皆さんはどんな対策をしていますか?
よく酢が効くと耳にしたことがある方も多いと思いますが、酢にはカビを浮かせる効果はありますが、カビ自体を死滅させる効果はありません。
逆にカビの栄養源となってしまうことがあるので、カビに酢を使用したままにするのは禁物でもあります。
キッチンで酢水を使用する場合は、カビを酢水で浮かせた後に食器用洗剤などの中性洗剤を薄めた水で拭き取ることです。
ここで最大の注意が必要なのが、酢を使用した後でも使用する前でも、カビ取り剤やハイターなどの塩素系の洗剤を使用することは絶対にやめてください。
猛毒ガスが発生してしまいます。

キッチンは、カビ菌よりも細菌が多い場所です

シンクの中の細菌の数は、手前より奥側の菌が倍以上多いのはご存知でしたか?
キッチンを綺麗に保ち食中毒の予防にもなるので、カビや細菌を減らす対策として、週に一度は中性洗剤でシンクの中を洗うと効果的です。
水分を拭き取り、仕上げにいらなくなったストッキングで磨くとピカピカになりますよ。
また、熱湯をかけることで細菌やカビ菌は死滅しますので、お湯を沸かした残りなどがあればシンクやスポンジなどにかけるようにしましょう。
ただ、熱湯をそのまま流すと配管が傷んでしまうことがあるので、熱湯の直後に排水溝にだけ水を流すと良いと思います。

カビは室内だけではなく、外壁や屋根裏、外壁と内壁の間の見えない所にも発生している恐れがあります。

カビが発生する前に、カビの栄養源となる水滴や雨漏りを放置しないようにしましょう。
また、季節によって使用しない布団などは、圧縮をして空気を抜いた状態で保存をすれば、酸素が無いためカビは発生しにくくなりますのでオススメです。
衣類などをしまう場所には、除湿剤などを使用したり、湿度が高い場所には除湿機を使用するなど対策は色々あります。
食品であれば、一度空気に触れた食品は、空気中のカビの胞子が付着している可能性があるので、長時間の常温で放置した物は破棄するのが1番です。
カビが生えていたり、食中毒を起こしたりと大変危険ですので注意しましょう。

とても厄介なカビですが、カビという漢字は書けますか?

カビを漢字で書くと黴となります。
この漢字の中には、黒という文字が隠れているので、なるほどと思いますよね。
漢字の通り、黒く厄介なカビは一年中何処にでも発生し、建物にも人体にも悪影響を及ぼすので、早め早めの対策が本当に必要なんですよね。

ご自身でカビの除去をするのが困難であったり、または防カビ対策をやりたいということであれば専門の業者に依頼するのが良いと思います。

カビだけは、生きていく上でどうしても付きまとってくるものです。
健康で快適に暮らす為には、カビ対策は欠かせないものなので、今一度気になる所は掃除をするか、専門の業者に依頼することをオススメします。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.