0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

サンルームについて

近年、戸建てを建てる際や賃貸物件を探す際に、サンルームを重視して考える方は多いのではないでしょうか。

天候に左右されることもなく洗濯物を干すことができるので、生活面において大変便利です。一般的に、お庭やベランダに干すことが多い洗濯物は、天候や時間によって取り込まなければならないので、手間と時間がとられます。

バルコニーやベランダ、テラスやインナーバルコニー、サンルームと呼び名が色々とありますが、それぞれの違いはご存知でしょうか。

バルコニーは、2階以上の外壁に設置された屋根のないスペースのことであり、逆にそこに屋根があるとベランダとなります。1階に設置されていると、テラスとなります。インナーバルコニーは、それらとは違い建物の内部に入り込んだスペースであり、屋根があるベランダと同じような解釈です。そしてサンルームは、他とは全く違い、外の空間とは繋がっていないということです。日差しが入るようにガラス窓などで覆われた1つの空間、1つの部屋として使用することが可能です。

インナーバルコニーは、洗濯物を干すスペースとして利用するのはもちろんのこと、ガーデニングや趣味のスペース、お茶をしてくつろいだりBBQをしてもいいですし、子供が遊ぶスペースとしても利用することができます。

ですが、インナーバルコニーは外の空間と繋がっているため、屋根があるものの全ての天候時に使用できるとは限りません。その点サンルームは、どんな天候の時にでも使用することができます。洗濯物を干す場所としては、天候だけでなく花粉なども気にせずに干すことができる点も大きなメリットと言えるでしょう。サンルームを絶対に設置したいとお考えの方は、何がメインの使用用途になるのかで設置場所や範囲なども変わってくると思います。主に洗濯物を干すスペースとして利用するのであれば、日当たりは絶対ですが、家事の動線を考えて設置することも重要です。

とても便利な空間であり、戸建てであればオシャレに感じるサンルームですが、費用の面で考えると、固定資産税の課税対象となることが多く、メンテナンスも必要です。

ガラス張りにした場合は、防犯面でも十分に注意が必要となります。メンテナンスを怠ると、雨漏りなどが発生する可能性もありますので、きちんとメンテナンスをして防ぐようにしましょう。
サンルームで雨漏りの原因となるのは、外壁との繋ぎ目部分や窓同士の繋ぎ目部分のシーリングの劣化によるものが多いですが、サンルームを後付けした場合が圧倒的にリスクが上がります。賃貸などの場合は、室内の窓際部分をサンルームとして作られている所がほとんどかと思うので、左右はガラス張りではなく壁ということになり、外壁との繋ぎ目はありません。戸建ての場合も室内の窓際部分をサンルームとして設計し使用する方が雨漏りリスクは下がるでしょう。
ですが、部屋の一部が減るということですので、その分部屋の面積が狭くなることを考慮しなくてはなりません。室外の外壁に設置する場合は、屋根と三方向以上の壁に囲まれている空間となり、外気分断性があると判断されるケースがほとんどですので、固定資産税の対象となります。後付けでサンルームを設置する場合は、建ぺい率を確認し、超えないように施工してもらいましょう。完成後は登記の変更申請が必要ですので忘れないようにしましょう。

外の空間と繋がるインナーバルコニーもしくはベランダにするのか、1つの室内と同じサンルームにするのか、一戸建てを考えている方は迷うところだと思います。

サンルームはデメリットはいくつかありますが、生活面で便利になることを考えれば、デメリットを上回るメリットの方が大きいようにも感じます。雨や花粉以外に虫の侵入も防ぎたいとお考えであれば、サンルーム一択かなと思います。
後悔しない為には、実際にそういった住宅で生活してみるのが一番なのですが、なかなか体験する機会はないですよね。1泊とかにはなりますが、モデルハウスなどで実際に宿泊できる体験を行っている所もありますので、建てる前に経験してみるとよいと思います。使用する用途が洗濯物を干すことと明確に決まっている場合は、洗濯物をサンルームに干した場合の空間の状況を知ることが大切です。サンルームだからといって、そこに干せば絶対に乾く空間ではありません。外に干すのと同じように、空気の循環と晴天によりよく乾くので、天候が悪く空気の循環がなければ乾きが悪いということになるので、部屋干しと同じ対策が必要です。洗濯物を干すということは湿度が高くなるので、カビ対策をしていなければあっという間にカビが生えてしまいます。
サンルームに限らず言えることですが、住宅において希望通りに快適に暮らしていくためには、定期的なメンテナンスと日々の対策、清掃は絶対に大事なことです。メリットデメリットをふまえて、サンルームの設置をお考え下さい。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.