0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

トップライト、天窓、出窓、サッシ周りの雨漏り

戸建ての雨漏りしやすい箇所と言えば、出窓やサッシ周り

ですが、天窓も雨漏りの原因となることが多い場所です。天窓は、トップライトとも呼ばれ、明るさを取り入れたい場所の屋根に取り付けられることが多いです。日の光が入りにくい場所であっても、天窓があることによって明るくなり、開閉できるタイプであれば換気もできるので空気の入れ替えも可能となります。人目を気にすることなく窓を開閉でき、家の中も明るくなることで、気持ちの面でもメリットは大きいでしょう。
ですが、日の光は部屋が明るくなる反面、部屋の温度を上げてしまうデメリットがあり、真夏であれば温度が高くなることで冷暖房の効きにも影響が出てしまいます。雨が降れば、窓に直接雨が当たるため雨音が気になってしまうこともありますので、設置する際は、雨が流れるように天窓の角度にも注意が必要となります。そして、天窓を屋根に設置する場合は、屋根に穴を開けて取り付けることになるのですが、設置する天窓と屋根の隙間を塞ぐコーキングに、経年劣化によりひび割れや剥がれなどが起こると、隙間を塞ぐ役目が低下してしまうので、雨水が屋根の内部に侵入し、その状態が長く続くことで雨漏りが発生してしまうことがあるのです。天窓となると、上から普段なかなか見ることのない場所でもあるため、必ず定期的なメンテナンスが必要となります。それを怠ると、雨漏りどころか取り返しのつかない二次被害へと繋がってしまうため注意が必要です。築10年未満の場合、住宅の瑕疵担保責任保険制度の対象となるので無料で修理してもらえることがほとんどかと思いますが、新築してから数年で雨漏りが発生した場合は、おそらく施工不良が原因と考えられますので、設置した業者ではなく、別の修理業者に依頼することを検討した方が良いでしょう。築20年以上経っている場合は、コーキングに限らず、天窓本体も劣化しているので、状態によっては全体の交換が必要な場合があります。天窓は、家の中を明るい環境にしてくれる大きなメリットがありますが、雨漏りのリスクは避けられないということを理解し、メンテナンスを怠らないということに注意した上で取り付けを考えることをオススメいたします。

雨漏りの発生原因として多い出窓やサッシ周りですが、出窓は、外壁から台形や三角形に張り出した窓で、外装も内装もオシャレで個性的な雰囲気を作り出せます。

窓の面積も広くなることで、より日の光を取り入れることが可能であり、不思議と部屋が広く感じられるでしょう。しかし、天窓は屋根との隙間ですが、出窓やサッシ周りは外壁との隙間が雨漏りの原因となります。窓と外壁との隙間を塞ぐためにコーキングが使用されますが、日々の雨や風、紫外線などの影響により劣化が進行していきます。風向きや紫外線が当たる方向によって劣化具合は大きく異なりますが、日々の影響を受けやすい位置に設置してある出窓や窓の方が劣化のスピードは早くなるでしょう。また、出窓はガラス面の結露が発生しやすいといったこともあり、結露対策をおこなっていない場合、結露によりカビの発生や建築材の腐食などが起こる可能性が高くなってしまいます。雨水ではなく、結露が原因で壁に水染みができるといったことも起こってしまいます。これを雨漏りとしてご相談される方は非常に多いので注意が必要です。
外壁面のコーキングが劣化してしまう原因として、雨風や紫外線は避けられないものですが、それ以外に施工した業者の技術によっても大きく変わってくることがあります。接着剤の役目であるプライマーの塗る量が少ない、または塗り忘れや塗りムラなど、それらはいくら高性能な物を使用したとしても、使用する人に技量が無ければ本来の効果は薄れてしまいます。住宅を建てる際や修理を依頼する業者は、値段ももちろん重要ですが、長持ちさせるには業者の技術はものすごく大切だということを念頭に置いて考えましょう。

コーキングは、伸縮性があり隙間を埋める役目

コーキングは、伸縮性があり隙間を埋める役目として適していますが、ひび割れや剥がれなどの劣化が起こってしまうと、埋めたはずの隙間に間ができてしまい雨水が侵入してしまうので、異常が見られた際は早急に対処することが必要です。

戸建てを建てる際

戸建てを建てる際に、雨漏りの発生原因として多い出窓や天窓ですが、日の光も多く取り入れることができ、内装の雰囲気も大きく変わりオシャレに見えるので、デメリットはあるものの取り付けたいと考える方は多いでしょう。
雨漏りのリスクも考慮した上で取り付けた際は、きちんと定期的なメンテナンスを行うことで、大きな被害を避けられると思いますので、メンテナンスを怠らないようにしましょう。
雨漏りが発生してしまった際は、放置しても自然に直るということは絶対にないため、事前に信頼できる専門の業者を見つけておくようにしてください。目の届かない、目に見えない箇所で雨漏りが発生している可能性もあるので、知らない間に家が腐食し傷んでいたということがないように注意しましょう。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.