0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

台風で水が溢れる

台風などの大雨が襲来した際に、突然雨漏りが発生し出したということはありませんか?

その原因は何かとベランダをふと見ると、まさかの水浸しということがよくあります。ベランダのドレン(排水溝)のつまりが原因で、雨水がうまく排水されずに溢れてしまい、窓のサッシの劣化したコーキング部分や、外壁のひび割れなどから水が侵入し雨漏りが発生するご家庭は少なくありません。ベランダは、通常コンクリートの上から防水処理がされているので、雨水が流れたり溜まることがあっても、水が下に漏れるということはありませんが、排水溝の詰まりによって通常では予測できない雨漏りが発生することがあるのです。一度清掃したから安心というわけではなく、詰まる原因としてベランダには日々色んな物が落ちたり流れ込んでくるので、あまり間隔をあけずに清掃ができれば、詰まりによる雨漏りは防ぐことが可能でしょう。

排水溝は、雨や風から運ばれたホコリや土、砂などが日々溜まっていきます。

それに加え、季節によっては虫や枯れ葉なども多く溜まるので、定期的な清掃が必要です。また、ベランダで家庭菜園などをしているご家庭は、水やりをする度に土が流れているので、知らず知らずのうちに土が溜まってしまうので注意が必要です。花や葉っぱなども、落ちて流れてしまうと詰まりの原因となるので、こまめに清掃するようにしましょう。ベランダは、洗濯物を干すご家庭が多いと思いますが、ピンチハンガーや洗濯バサミが劣化し、破損した物が排水溝に流れて詰まることも意外と多くありますので、落ちた場合は早めに拾っておく方がよいでしょう。

ベランダの排水溝が詰まってくると、雨水の流れが悪くなるはずですが、普段降るような通常の雨くらいでは、詰まりにはなかなか気づかない場合が多いでしょう。

気づかずに放置してしまっているからこそ、台風や豪雨などの時に、知らぬ間に水が溢れ出し大変なことになる可能性があるのです。予期せぬ被害にはどんな事があるのか見ていきましょう。
まず、排水ができずに雨水がどんどん溜まってしまうと、外に流れ出すことができずにベランダ全体に水が溜まってしまい、窓が開いていれば室内に流れ込んでくることになります。気付いた時には、家の中が水浸しになっていたなんてことが起これば、清掃もものすごく大変なことになってしまうでしょう。戸建ての場合はご自宅に被害が起こることで済みますが、アパートやマンションなどの場合は、下の階の住民に迷惑をかけてしまうことになるので、より注意が必要となります。建物の築年数がかなり経過している建物であればあるほど、経年劣化している部分は多くあり、雨漏りするリスクは高くなってしまいます。トラブルや費用の面でも大変なことにならないように注意しましょう。もしも下の階へ雨漏りが発生してしまった場合は、状況によっては損害賠償を請求される場合もあり、入居する際に契約した内容を今一度確認しておくとよいでしょう。火災保険や損害賠償責任保険が、きちんと契約されているかどうかが重要なポイントとなります。

日本は雨が多い国ではありますが、特に梅雨の時期や台風の時期は、豪雨と言えるほどの非常に強い雨が降り続くことがあります。

そんな時に排水溝が詰まっていると予期せぬ被害が起こってしまう可能性があるので、こまめにチェックするにこしたことはないでしょう。実際に、ベランダや屋上などの雨漏りは、防水機能が低下した雨漏りよりも、排水溝の詰まりが原因であることの方が多いので、清掃したことなく放置されている場合は、これを機に清掃するようにするとよいかと思います。

排水溝を詰まりにくくするために、排水口に目皿を取り付けておくことをオススメします。

だいたいのご家庭は、あらかじめ目皿が取り付けてある所が多いと思いますが、何もなく排水口から流れ放題というお住まいもあるので、市販品でもいいので取り付けておくようにしましょう。比較的安価ですので、すぐに取り付けることが可能です。小さなゴミや土なども流れ落ちにくくするために、専用のネットなどもあるので、そちらを利用するとより詰まりにくくもなる上に、ゴミの処理もしやすいでしょう。ゴミを取り除く時に注意しなければならないのが、ゴミが詰まっていた場合にやってしまいがちなのですが、水圧でゴミを押し流そうとすることです。上手く押し流せたとしても、排水管の中で詰まってしまった場合、取り除くことが難しくなってしまいます。その際は業者により解決してもらいましょう。

快適に暮らしていくためには、やはりご自身でチェックすることや定期的な清掃が重要だということがわかります。

排水溝だけに限らず、ベランダ全体の清掃や、窓のサッシ部分もゴミが溜まりやすいので綺麗にしておくことが大切なことです。万が一、雨漏りが発生してしまった場合は、早めに専門の業者へ依頼をしましょう。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.