0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

どんな所が雨漏りしやすいのか

雨漏りが発生しやすい箇所は一体どんな所なのでしょうか

実際に依頼の多い箇所について見ていきたいと思います

・屋根
・外壁
・窓のサッシ
・換気扇
・給排水の配管
・ベランダ
・太陽光発電や太陽光温水器

住宅には様々な雨漏りしやすい箇所があります

劣化や詰まり、隙間が出来やすい場所であったり、これらは生活していく上でずっと新しい状態を保つのは不可能ですし、どうしても起こる可能性があります
住宅や建物を安心安全な状態に保つには、定期的な点検は必要かと思います
目に見えてる劣化や詰まりなら対処出来ることもあるかもしれませんが、目に見えていない配管や屋根などそれらは専門業者でないとわからない事も多いですよね
住宅は様々な構造をしているので、ご自身で確認するのは不可能です
雨漏りに関しては、目に見えて水が出てくるまでの過程に、家の内部の何処を通ってきたのかわからないと、とても大変な二次被害へと繋がってしまいますので注意が必要となります
専門業者でも判断するのに難しい場合があると言います

それではまずは屋根から見ていきましょう

台風や雨風が強い時など、屋根のトタンや瓦が剥がれいるという状態を見たことがある方は多いのではないでしょうか
屋根は雨を直接受けますし、風や紫外線の影響も受けやすいので、台風時の強風や長年の劣化によりどうしても被害が起こりやすいです
そういった自然災害や劣化が原因となり、本来隙間がない所に隙間が出来てしまったりすることで、雨漏りが起こります
普段屋根の上に上る人はなかなかいないでしょうし、直接確認することが出来ない為、被害や劣化にも気付きにくいです
その事から、専門業者へ定期的な点検を依頼するのが良いと思います
ご自身で屋根の上に上がることは、事故に繋がりやすくとても危険を伴う為、絶対にやめておく方が良いです
自分で出来ると過信せず、専門業者へ依頼しましょう
屋根というと、1 番上の屋根が1 番雨漏りなど起こりやすいと思うかもしれませんが、実は1 階の屋根の方が不具合が起こりやすいのです
その原因としては、上の屋根と同様に雨風や紫外線を直で受けやすいのは同じなのですが、さらに影響を受けやすいのが、上の屋根の雨水もプラスされて垂れてくるため、雨水の影響は1 番上の屋根よりも大きいのです
雨水の負担がものすごくかかっているということです
この事から、専門業者への依頼はとても多いようです

次に外壁や窓のサッシはどうでしょうか

こちらも劣化などで、ひび割れしてしまったりゴムが緩くなってしまうので、隙間が出来て雨漏りしてしまいます
未然に防ぐことはなかなか難しいので、これらは見つけ次第プロの方にお任せするのが良いでしょう
換気扇や給排水の配管は、そもそもが室内と外が繋がっている場所であり、害虫なども侵入してきやすい場所です
詰まりや配管のひび割れなどが、水が入ってくる原因となりますので、やはり建ってから長年経っていると起こりやすいです

続いてベランダですが、外にある物なので見落としがちですが、日中紫外線を常に浴びている場所でもあり紫外線による劣化であったり、長年人が歩くことでひび割れや剥がれなどを起こすことがある為、点検は必要です

太陽光発電や太陽光温水器も同じで、屋根やベランダに設置されている場合が多いと思いますが、紫外線を直に浴びている状態な為、劣化による変形やひび割れが起こりやすく水漏れしやすいと言えます
これらの事から、快適に過ごす為には定期的な点検が重要である事がわかります
どうしても住宅に関することは費用が怖いと思いがちですが、劣化の状態や故障の度合いが酷ければ酷いほど、修復費用も大きくなりますし、事前にチェックするようにすると被害も少なく済むと思います
雨漏りが起こりそうな場所を知っているだけでも早めの対処が出来ると思いますので、できる範囲で見直してみましょう

自分の住まいが今どんな状態なのか、きちんと把握しておくことをお勧めします

もし今現在、雨漏りでお困りでしたら、放置せず専門業者に相談してください
雨漏りを放置してしまうと、カビやシロアリに加えて建物自体が腐っていくので、人体への影響も計り知れません
専門業者を選ぶ時の注意点ですが、中には悪徳業者もあるようですので、事前に確認しておくのが良いかと思います
修復を依頼したのに改善しない、何度もお金を請求されるなど、おかしいと思ったらその業者に依頼するのはすぐにやめましょう
初めに見積書を出してもらい、納得した上で判断するようにしましょう
業者によって値段も違うでしょうから、値段の確認と口コミなどもあれば見ておくと良いと思います
このような事から、雨漏りに対する対策は事前に対処方法、専門業者の確認、定期的な点検がやはりとても重要だということがわかると思います
いざ雨漏りが起こった時に、慌てず焦らずに済むようにしておくと、安心して過ごせると思います

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.