0800-200-1038

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

雨の日は引越できないの?

普通の雨でキャンセルはキャンセル料。災害時のキャンセルは延期対応

ただの「雨」であれば、引越し作業に支障がないため「通常通りの引越し」になる。 ※もし延期したい場合は、依頼者都合のキャンセル扱いになる。 タイミングによってはキャンセル料が発生する場合がある。 ... たとえば「地震」「洪水」「暴風雨」などの危険が伴う天災の場合は、引越し業者が依頼者と相談の上、延期対応をすることが多い。
(引用:https://uchicomi.com/uchicomi-times/category/rent/moving/12388/)

台風の日に無理やり引越すると荷物の破損が補償されない場合も

当日が台風の場合は、当日のキャンセルや延期でもキャンセル料などは発生しません。
自己判断で、台風の日に無理やり引越をしてしまうと、通常引越の運搬物に補償がきく引越業者だったとしても、台風や大雨が原因の場合は補償の対象外となります。台風や大雨の日は引越をしないことが大切ですが、まずは引越業者に連絡して相談してみましょう。

雨漏り診断士が対応

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2021 All Rights Reserved.