0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

雨の匂いはどんな匂い?

外の様子を見ていないのに、雨の匂いを感じて雨が降っているとわかったことはありませんか?

雨が降る前は、どんよりした雲に覆われ暗くなることが多いため、雨が降りそうだなと感じることはあると思いますが、不思議と匂いも感じているのではないでしょうか。

雨は、ほぼ100%が無味無臭のはずですが、匂いを感じるのは何故なのでしょう。

そんな疑問を解決していきたいと思います。

雨の降り始めに感じる匂いは、ぺトリコールと呼ばれギリシャ語で石のエッセンスを意味しています。

雨水により地面や植物から上がってくる匂いを、雨の匂いとして我々は感じているのです。どんな匂いかと問われると、雨の匂いとしか表現できないような独特の匂いであり、決して不快なものではなく落ち着くと感じる人も多いかと思います。
ペトリコールという言葉は、1964年オーストラリアの鉱物学者であるイサベル・ジョイ・ベアーとR・G・トーマスが、科学誌ネイチャーという科学誌に載せた論文がはじまりのようです。

雨の降り始めとは違い、雨上がりに漂う匂いもあります。

雨上がりに感じる匂いはゲオスミンと呼ばれ、こちらも同じくギリシャ語で大地の匂いを意味しています。雨上がりの匂いは降り始めの匂いとは違い、土の中のバクテリアなどによって作り出される匂いで、少しカビ臭いような特徴的な匂いです。
雨の匂いのメカニズムは、気体中に浮遊する微小な液体や固体の粒子であるエアロゾルの発生によることがわかっており、このエアロゾルは大雨ではなく軽く中程度の雨の時に発生するそうです。

不思議と雨が降る前に匂いを感じることがありますが、それは空気中に漂うオゾンの匂いです。

オゾンは、ギリシャ語のオゼインOZEINに由来した言葉であり、匂いや匂いをかぐことを意味しており、大気中に自然に発生する特有の青臭いにおいのする気体です。 上空25km付近に高濃度のオゾン層があり、下降気流により下がってくることでオゾンの匂いを感じるのです。
雨の匂いには、それぞれ違った匂いがあることがわかりました。無意識に感じていると言いましたが、実は感じていない方がいる可能性もあります。特に都会では、植物や土が少ないため匂いの発生が少なく、感じることが難しいかもしれません。雨の匂いには植物が大きく関わっているということがわかります。

雨の匂いのメカニズムはわかりましたが、その匂いの表現の仕方は人によって様々だと思います。

1988年1月1日に発売された赤座憲久さんが著者である「雨のにおい 星の声」というお子様向けの絵本があります。盲目の子供たちの感性や素敵な言葉の世界を率直に詩にした絵本であり、子ども向けの絵本ですが、大人が読むことで表現の素敵さに気付かされる内容であり、ぜひ手に取っていただきたい絵本です。
無意識に感じている匂いに対して、普段の生活の中で疑問に思うことも、何か特別に感じることも少ないと思いますが、ふとした時にこの絵本を読むと、表現の素晴らしさや感性に心うたれ雨も悪くないなと思えるかもしれません。

雨の匂いが好きな人には、ぺトリコールやゲオスミンを感じられるような、雨の降り始めや雨上がりをモチーフにした香水があります。

香水好きな方や匂い好きという方は、NOSE SHOPというお店で取り扱いがありますので、ご興味があれば検索してみてください。いつでも雨の匂いを感じたい人にはオススメです。

雨の匂いは落ち着くと感じる人もいるとお話しましたが、雨の匂いに加え雨の音には心を穏やかにしリラックスする効果があることがわかっています。

1時間に数ミリ程度の雨で、一定のリズムを刻みながら降る雨には、1/fゆらぎと言う心を落ち着かせリラックスさせる心地の良い効果が含まれているのです。
雨の場合、辺りが暗くなりどんよりした気持ちになりがちかと思いますが、不思議と心は洗い流され癒されているのかもしれません。心の状態が落ち着いている時は、読者や勉強にもってこいなので、一気に集中して行うことができるでしょう。
普段の生活の中で、無意識に感じている雨の匂いや雨の音。いつもとは少し意識を変えて雨を感じてみるのも良いかもしれません。

古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスという人は、雨の匂いを虹の匂いと表現したそうです。

改めて雨の匂いを感じたとき、あなたにはどんな表現が浮かんでくるでしょうか。1年を通して、季節により雨の感じ方も変わると思いますが、少し角度を変えて感じることでいつもとは違う雨を楽しめると思います。人間の記憶の中で、匂いは特に記憶に残りやすく、雨の匂いが様々な記憶を呼び覚ますこともあるかもしれません。過去の出来事を呼び起こす現象は、プルースト効果と呼ばれています。 フランスの作家マルセル・プルーストの失われた時を求めてという小説がありますが、その中で主人公が香りによって幼少期を思い出す描写が元になっています。

普段とは違った雨を楽しめるといいですね。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.