0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

雨の日に着物を楽しむ方法

日本では、1年を通して様々な行事があり、服装も着物で参加できるものがいくつかあります。

着物でお出かけするとなると、誰もが何か特別なものを感じられる不思議な効果があるように思います。夏はお祭りなどで浴衣姿の人をたくさん目にしますが、秋になると七五三でおめかしした可愛らしいお子さんの姿、冬は成人式などで着飾った方を多く目にする機会があるのではないでしょうか。せっかく着物を着てお出かけするのだから、お天気には恵まれたいところですが、特に梅雨や秋は雨の日が多く、あいにくの天気になってしまうこともあると思います。雨だから着物は着られないと思いがちですが、今は雨の日でも着物が楽しめる便利アイテムがたくさん出ているのをご存知でしょうか。

雨の日の着物で1番気になるのは、やはり足元かと思いますが、草履の中でもウレタン素材の台を使用したウレタン草履と呼ばれるものがあり、こちらは比較的安価である為、手に取りやすいでしょう。

さらにこのウレタン草履のつま先部分に、透明カバーが付いた雨草履という物もあり、雨から足元を守ってくれるので非常にオススメです。デザインも豊富で、気に入るものがきっとあると思いますよ。また、雨に限らず足元の寒さも和らぐ防寒対策にも適しています。
着物に限らず言えることですが、雨の日は靴下が濡れてしまうことがあり、とても不快ですよね。着物の時は足袋を履きますが、足袋も同じで濡れてしまうと不快な思いをしてしまいます。ですが、最近では撥水性に優れた防水性のある足袋が出ており、水を弾いてくれるのでとても便利です。

他にカバンなどを包む用に、撥水性のある風呂敷などもあるので活用できるでしょう。

今は多くの方が持ち歩いてるエコバッグなども役に立つと思います。
そして、1番汚れたくない主役である着物ですが、雨の日に外を歩くと歩く時の水跳ねなどはどうしても起こってしまうため、多少の汚れは否めません。ですので雨の日であれば、汚れても自宅で洗うことができるポリエステル素材の着物を選ぶようにしましょう。汚れても自宅で洗えるので安心ですし、ポリエステル素材なため、比較的安価でありデザインも豊富なのも魅力的です。七五三やお宮参りなど、お子様の行事でお着物を着るのであれば、抱っこやお世話などで汚れがより一層気になるところだとは思いますが、安価で洗濯も出来るのであれば、気兼ねなく抱っこもしやすいですよね。
ですが、着物だけは予め決まった大切な着物を着ていきたい、だけど洗える素材ではないため雨の日はとても心配という方もいらっしゃると思います。そんな方には、お着物用のレインコートがあります。雨コートと言いますが、上下セパレートになっている物やケープ型でさっと羽織りやすい物、柄物から透明の物までたくさん種類があるので、大切なお着物を雨から守るためのアイテムとして、常備しておくと良いでしょう。コンパクトに畳めて持ち運びに便利なので、いざと言う時のために持っておいて損はないと思いますよ。

雨の日でも着物が楽しめると気持ちも全然違いますよね。

着物で外を歩く時に、歩幅は狭く、つま先を内側にしてゆっくり歩くことで、あまり雨水が跳ねないようになるので、歩く時のコツなんかも大事かもしれません。また、雨が着物についてしまった場合は、表面の水分をそっと吸い取るだけにして、決して押さえつけて拭き取らないようにしてください。雨水が着物に染み込んでしまうとシミになってしまうこともあるので注意しましょう。また、着物が濡れてしまったあと、そのまま収納するとカビが生える可能性があるので、きちんと乾かして収納する事が大事ですが、干す時は風通しの良い場所で陰干しするようにしてください。日干ししてしまうと色あせしてしまうので、早く乾かしたくても陰干しをしましょう。

日本は雨が多いですが、1年の中でも梅雨時期である6月7月、台風シーズンである季節の変わり目の9月10月がやはり雨が多いです。

10月頃になると暑さと寒さが入り交じって、着物の種類も迷うと思いますが、通常であれば袷(あわせ)の着物を着ます。袷とは着物の仕立て方のひとつです。裏地をつけて仕立てたものになるため、透け感がなく見た目に重量感があり、年間を通して1番よく目にする着物です。ですが、10月頃の日中はまだまだ暑さを感じる日が多いので、袷の着物ではとても暑く感じてしまうと思います。
袷とは違い単衣(ひとえ)は、裏地がないため涼しく、季節の変わり目である5〜6月、9〜10月頃に着るのに適しているため、天気や気温に合わせて選ぶと良いでしょう。

着物でお出かけするのは、いつもより特別で大事な日である事が多いからこそ、あいにく外は雨でも、着物を着て出かけて良かったと思える記念の日になると良いですよね。

雨から守るアイテムを駆使して、ぜひ着物を楽しんでください。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2023 All Rights Reserved.