0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

パラペットからの雨漏り

屋上と言えば、一般的に平らで傾斜のない造りになっていますが、こういった屋根は陸屋根と呼ばれています。

屋上やバルコニーなど、その平らな陸屋根の外周は、パラペットと呼ばれる壁で囲まれていることが多いですが、その目的は、外壁やサッシ周りを雨だれから守り、防水性を高めるために設置されていることがほとんどです。パラペットが無ければ、降ってきた雨が陸屋根の四方八方から外壁を伝って流れ落ち、早期に外壁やサッシ周りが汚れてしまいますし、傷む原因にもなってしまいます。パラペットがあることで、雨だれによる不具合が起こることから守っているのですが、パラペット屋根にすることで、軒がないため外壁に雨が直接かかり放題になってしまうというデメリットがあります。それに加えて、パラペット自体も含めその周辺は、雨漏りの原因になりやすい部分でもあるのです。ご自宅にパラペットがある場合は、注意点をよく知っておくことで、雨漏りを未然に防ぐことが可能となる場合があります。
パラペットのあるお住まいは、三角屋根の家とは異なり、スッキリとした印象でシンプルかつオシャレに見えることが多いと思います。しかし、パラペットがある家が全て陸屋根というわけではなく、外観をスッキリと見せるために、普通の傾斜の屋根の外周をパラペットで囲んでいる家もあります。

陸屋根の注意点

陸屋根の注意点としては、傾斜がないのでゴミが溜まりやすいこと、そしてそのゴミや砂などが雨とともに流れて排水口に集まってしまい、徐々に排水口を塞いでしまうと詰まりの原因となり、雨水が溢れてしまい二次被害を及ぼすことがあるのです。排水口やその周りは、定期的に清掃できれば1番良いですが、頻繁に清掃ができない場合、劣化が進みやすくなってしまいます。パラペットの内側には、雨樋が造られている場合もありますが、その呼び名は様々で、箱樋・内樋・箱谷・谷樋と色々ですが、箱樋や内樋と呼ばれることが多いです。例えばベランダであれば、排水口がゴミなどで塞がれて詰まってしまった場合、雨水が流れず溢れる様子を比較的早い段階で見て気付くことができますが、箱樋の場合はパラペットがあるため外から見て気付くことはまずありません。屋上であれば気付くことはできますが、頻繁に屋上へ行くことがなければ、気付くのも遅れてしまうでしょう。ご自身で気付くことがなければ、雨水が溢れ、水に長時間浸かることになり劣化が進んでしまうのです。
ご自身では、なかなか点検するには難しい場所であるため、専門の業者による定期的なメンテナンスが必ず必要な場所となります。

また、排水口や排水口周りだけに注意すればいいかと言うとそうではない

、また、排水口や排水口周りだけに注意すればいいかと言うとそうではなくパラペットには笠木と呼ばれる頂上部を保護する役割のあるものが取り付けられていますが、雨水が侵入するのを防ぐために付けられている笠木自体は、常に紫外線にさらされている部分であるため、非常に劣化が進みやすく、笠木に不具合が起これば雨水が侵入し、雨漏りが発生してしまう恐れがあるのです。そのため、メンテナンスを充分に行うことで、防水機能を保つことが必要となってきます。継ぎ目やビス穴などは特に注意が必要となる部分です。コーキングなどできちんと塞ぐこと、塗装による保護も必要です。

屋上ではなく、1階と2階の間に1階部分の屋根としてパラペット屋根を設置している住宅もあります。

その場合、2階部分からパラペットや陸屋根の様子を見ることができるので、不具合を発見しやすいというメリットはありますが、屋根としてのみの設置の場合、ほとんどの場合が柵などが無いことが多いので、清掃などをするときは非常に注意が必要です。施行がしっかりとしている場合、清掃を1年ほど全く行っていなくてもぱっと見は綺麗なことが多く、不具合もほぼ無いに等しいですが、よく見ると塗装の汚れや排水口の周りの網目にゴミが集まっていることもあるので、危険でなければ取り除いて清掃をしましょう。雨水が乾きにくい北側の屋根は、南面に比べると劣化が進みやすいので定期的なメンテナンスを怠らないようにすることが必要です。

注文住宅で建てる場合や建売を購入される場合も同様ですが、外観にこだわり過ぎるばかりに、後にメンテナンスが大変なことになってしまうということはよくあること

です。外観をスッキリ見せたいために、パラペット屋根を取り付ける場合は、屋上としての利用がないのであれば、4方向を全てパラペットで囲むのではなく、スッキリと見せたい方向のみパラペットを取り付けることをオススメします。あまり見えない部分の屋根は、軒として突き出させることで外壁に雨水がかかるのも防ぐことができる上に、雨水がきちんと流れて外から見える雨樋が雨を適切に排水するという造りにされた方が、雨漏りのリスクも減らすことが可能となります。
リスクを考慮した上で、パラペット屋根を取り入れるのかご検討ください。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.