0800-200-1038

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

サッシから雨漏り。修理するときの注意点と費用

2020年11月16日

窓の近くから雨漏りがしていたという経験をしているかたも多いです。その雨漏りの原因は、サッシからしているかもしれません。

外から入ってきた雨だと思い、放置したままにしておくと家の被害がさらに大きくなっていくおそれがあります。

そうならないためにも、サッシの雨漏りの原因と対策をご紹介していきます。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

サッシから雨漏りしていたら修理が必要?!


サッシから雨漏りしていても多少のことなら、そのままにしているかたも少なくありません。しかし、サッシからの雨漏りを修理せずにそのまま放置すると更なる被害を生むことになります。

木材の腐食

サッシから雨漏りがしていると、徐々に室内の床や壁が濡れていきます。そうなると家の重要な部分までだんだん浸透し、腐食がはじまっていきます。重要な柱の部分が腐食すると家全体の耐震性が下がるため、サッシから雨漏りしていたら修理が必要となってくるのです。

シロアリ被害

木材の腐食がはじまると同時に起こりやすいのが、シロアリ被害です。シロアリは木材を好み、家のなかをどんどん進行していきます。気がつかないうちにシロアリ被害が拡大しており、家全体がむしばまれてしまっているかもしれません。

カビなどが発生する

雨漏りが発生すると湿気も多くなり、次第にカビが発生してきます。カビが大量に発生していると壁やカーテンが真っ黒なってきてしまうのです。そうなると雨漏り修理だけではなく、外壁塗装が必要になってきてしまうと、費用がさらにかかってきます。

サッシから雨漏りした原因とは

サッシから雨漏りして修理をするときは、はじめる前に原因を知っておくことが重要です。

サッシの境目

窓のなかには2枚以上の窓が交差することで、開閉するものがあります。構造上、わずかな隙間が空いているため、そこから雨漏りしてくるおそれがあるのです。大雨が降ったりしたときは注意が必要です。

屋根の位置

家の造りによっては、窓の近くまで屋根があるときがあります。そういった屋根があるときはそこから雨がつたって、家のなかに雨漏りしてくるのです。

換気扇や配管

通常は雨がはいってくることがない換気扇や配管なども、大雨などの荒れた天気のときは、注意が必要です。通常とは違う位置からはいってくる大量の雨が、そのまま家のなかにはいってきます。

外壁のヒビ

外壁に、ヘアーラックという細いヒビや小さな穴が開いていることがあります。1mm以上のひび割れの幅があるときは、外壁の下地や構造部分にも影響が出ていることもあるので注意が必要です。

コーキングの劣化

窓枠を外壁にはめ込むときには、隙間ができてしまいます。その隙間を埋めるために必要なのが、コーキングです。コーキングは経年劣化によって、ひび割れなどがおこるため、そこから雨漏りしてきます。

防水処理の不備

あまりない事例ではありますが、施工時に不備があることがあります。例えば、防水シートの貼り忘れや場所間違いなどがあるのです。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

まずは応急処置・自分でできる方法


サッシから雨漏りしていることに気がついたら、まず自分でできる方法を試してみましょう。

ぞうきんや防止シートで吸い取る

サッシから雨漏りしているときにはまず、その場所の水を吸い取りましょう。応急処置ではありますが、一番楽に対処することができます。また、ぞうきんではなく、防水シートなどを使うとより楽に水を吸えるのでおすすめします。

雨戸をとりつける

窓の外側が原因となっているときは、雨戸を取り付けることで防ぐこともできます。雨戸がついてない場合は検討してみるのもいいでしょう。

防水テープ

防水している箇所に貼るだけで、雨漏りが防げる簡単な処置のひとつです。ホームセンターなどで売っているため入手もしやすく、また外すときも簡単に剥がすことができます。

コーキング材

ゴム状の素材を使い、簡単に隙間を埋めることができます。しかし、コーキングには、知識と技術が必要になってくるのです。それだけではなく、取り除くのが難しいため、失敗したときや工事するときに邪魔になり、費用がよりかさむことがあります。

自分での対処が無理なら業者へ


サッシの雨漏りといっても原因はさまざまです。そのため、サッシの雨漏り修理をするときに値段のひらきがあります。

例えば、コーキングだけなど簡単なサッシの雨漏り修理であれば、5万円程度に収まることがあります。ほかにも外壁塗装などが必要になってくるときには、40万円近くになるのです。

また、施工不良など大掛かりな工事が必要になってくるときには、100万円以上かかるときがあります。

原因によって費用はかわってくるので、まずは見積りをしてもらうことをおすすめします。業者によっては、アフターフォローがあるところあり、雨漏りがおこったときの心配も少なくなります。業者に頼むことで、自分でやるより確実雨漏りが防げるのは大きなメリットではないでしょうか。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

まとめ

サッシの雨漏り修理は自分でも応急処置程度なら簡単にすることができます。しかし、しっかりと雨漏りを修理していないと、家に甚大な被害をもたらすおそれがあるのです。
そうならないためにも、業者に依頼し確実に修理してもらうことをおすすめします。サッシの雨漏りが気になったら、まずは見積りからしてみてもいいかもしれません。

雨漏り診断士が対応

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2021 All Rights Reserved.