0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

ベランダのサッシ下端からの雨漏り

ほとんどの住宅のベランダは、部屋と違い天井がなく、後付けで付けられていると思います。外壁よりも外側に付いており、その多くが2階の外壁の外側にベランダとして作られています。
バルコニーは1階の外壁の外側に作られていることもありますが、いずれにしても後付けで作られています。

ベランダやバルコニーからの雨漏りで多いのが、掃き出しサッシ下端です。ベランダやバルコニー土間とサッシ下端の寸法が小さく、施工しにくいことが問題点ではあります。

サッシ枠下部コーナー部の水密性能の問題もあります。
バルコニーで言えば、サッシ枠は、ガラス屋の工場で、組み立てが完了した状態の物を現場に搬入し、大工が取付けます。持ち運ぶ時に傷が付かないように細心の注意をはらいながら運ぶにしても多少の歪みは起こってしまいます。到着後、材料の傷は確認はしますが、取り付ける際に水密性能までは確認しません。

1階に取り付けられたバルコニーの場合は気付きにくいですが、2階のベランダのサッシ下端からの雨漏りの場合、1階の部屋の窓枠などから水滴が垂れてくるということで、雨漏りに気付きます。

その際に確認するポイントとして、1階の窓枠の上の方は、2階のベランダがある為、斜めに雨が降っていたり風によって雨があたらない限り、雨が直でかかり続けるというのはなかなか考えにくい場所です。そうなると2階のベランダを疑うわけですが、赤外線サーモグラフィーを使用し、室内の壁や天井があきらかに他とは温度が低くなっている所を探します。窓の下から見て、ベランダの下や外壁にひび割れや水の伝った跡などもない場合は、外から見て、雨漏り箇所から真上を伝ったベランダの場所を確認します。
ベランダへ行き、外壁などのひび割れや、戸袋と外壁の間の確認や、ベランダの床と外壁の間といったあやしい所を探していきます。
この時点で疑わしい箇所があったとしても、あくまで仮説でしかありません。
ここで注意して頂きたいのが、ご自身で応急処置を行う場合は別ですが、専門の業者に依頼した際に、この時点でひび割れや疑わしい箇所を修理していくような業者であれば、別の業者に依頼をし直した方が良いということです。
疑わしい箇所を全て修理したけど、雨漏りは直っていなかったのでは話になりません。
修理代だけ請求されて、何の解決にもならないということになります。

雨漏りを直すには、実際にその疑わしい箇所が原因で雨漏りしているのかどうか、水を溜めて検証を行うしかありません。その検証の結果から、雨漏り箇所を特定していきます。

その際に、業者によってはサッシの下端まで確認をしない所があります。

修理を依頼した際に、業者がきちんとサッシ下端を鏡を使用して確認しているか、見積もりに関しての説明にきちんと納得できるかを判断してください。また、重要になってくるのが、説明を受ける際に、修理後の雨漏り検証をきちんと行うのかを確認してください。
雨漏り箇所を発見し、修理したけど、また雨漏りしているとなると、全く意味がありません。
信頼できる業者であれば、修理後の雨漏り検証もきちんと行った上で、もう大丈夫ですよと安心させてくれるはずです。
きちんと全てに納得した上で最終的に契約するようにしてください。
ベランダやバルコニーの掃き出しサッシ下端は、メンテナンスや点検などをする際に、業者泣かせの、とにかく問題の多いところといえます。

ポタポタと垂れてくる雨漏りであれば気付くことはできますが、外壁と内壁の間を雨水が流れてしまっている場合は、なかなか気付くことができないと思います。

ですが、入居後、室内が湿っていたり、やけに湿度が高いなどという時には、ご自身で判断せずに専門の業者に点検をしてもらう方が安心です。

通常であれば、サッシや窓枠周りは防水加工がきちんとされているはずですが、手抜き工事など業者によっては防水加工が疎かになっている所もある為、カビだらけになっていることもありますので、雨漏りは放置しないようにしてください。

また台風の影響で防災対策でシャッターをつける方が増えています。2階のベランダは下が防水構造になっていますので、ビスを打って固定するタイプのシャッターですと、そこから雨漏りの心配があるため、あまりオススメは致しません。今は各メーカーで、シャッターのバリエーションも増えていますので、下部にビスを打たずにシャッターが設置できる製品を選ぶようにしましょう。

雨漏りを完全に止めるには、多くの経験と優れた技術とノウハウによって、きちんと原因を突き止め対処することが必要です。

住宅を長持ちさせ、快適な暮らしを届けるためにも、数多くの経験から、その住まいに合った提案をしている、安心かつ信頼できる業者を見つけることが最も大切です。
いつでもすぐに依頼できる業者があれば、それだけで安心できると思います。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.