0800-200-1038

「雨漏り鑑定士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

愛知県

名古屋市東区でベランダ防水工事を行いました。

名古屋市東区のベランダ防水工事の施工写真と解説を行います。
今回のベランダ防水工事は、高圧洗浄、下地処理、ウレタン塗装によって、雨漏り修理を行いました。


ベランダが全体的に劣化して、クラック(ひび割れ)などが見られます。
こうしたひび割れが雨漏りの原因になるため、防水塗装を行って雨漏り対策を行います。

雨漏り鑑定士にお任せ!

雨漏り修理のご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

名古屋市東区 ベランダ防水工事の施工写真と解説

今回は樹脂ノロという、セメントと樹脂と水を混ぜ合わせたものを塗布しました。

下地処理では、ベランダの床部分と、床の上に貼る自着シートがしっかり密着できるように整えます。ベランダの下地処理を行わずに施工を行うと、防水シートが後で膨れあがって防水性が弱まってしまいます。

そのため、下地処理を丁寧に行う事がベランダの雨漏り修理ではとても大切です。

次にプライマーを塗りました。プライマーとは接着剤のようなもので、ベランダの床面と自着シートを貼りつけるための塗料です。下地処理をしっかり行う事で、ベランダの床面にプライマーが染みわたります。

この自着シートというのは、ベランダの床から出る湿気を逃す役割があります。シワや空気が入らないように、シートを貼り付けていきます。

ウレタン塗装は、一層、二層と重ねて塗ります。重ねて塗る事によって、防水塗料の膜が出来上がります。

ベランダの防水塗膜の上に、トップコートを塗る事によって防水層が完成します。トップコートは、前に塗ったウレタン塗膜を保護する役目があり、経年劣化などの防止に繋がり、防水機能を長持ちさせます。

また、ドレン(排水口)も新しく交換しました。ベランダの雨漏りの原因で多いドレンの部分です。排水口にゴミや砂、泥、落ち葉などがドレンが詰まってしまい雨水が流れなくなります。その結果、逆流が発生して雨漏りの原因になってしまいます。

東区のベランダの防水修理工事はこれで完成です。

名古屋市内の防水工事は毎日のように行っています。雨漏りでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

雨漏り鑑定士が対応

雨漏り修理のご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-愛知県
-

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2022 All Rights Reserved.