0800-200-1038

「雨漏り診断士」在籍の防水・塗装専門業者
雨漏り修理・塗装の相談ダイヤル

コラム

サイディングの雨漏り修理を解説!張り替えとカバー工法の違いとは

サイディングボードは安価に施工でき、デザインも豊富なことから広く普及している外壁材です。

人気の外壁材ですが、築10年を超えると次第に経年劣化が進み、雨漏りを引き起こす場合もあります。

どのような外壁でもいずれは劣化してしまうものですが、今回はサイディングボードの雨漏りに特化して、修理方法についてご紹介していきます。

サイディングボードの雨漏り修理と一言で言ってもさまざまな方法があるので、ご自宅の状況や予算に合わせて選択する際の参考にしてくださいね。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

サイディングの雨漏り修理方法

ここからは、サイディングボードの具体的な雨漏り修理方法について解説していきます。
まずは、サイディングボードがどのように雨漏りを防いでいるかをご確認ください。

外壁の雨漏り対策


サイディングボードは建物の最も外側に施工される外壁材で、一次防水の役割を担っています。サイディングボードが機能していれば、雨が降っても建物内に水が入るのを防いでくれるでしょう。

しかし、サイディングボードは紫外線や風雨にさらされて劣化していくため、亀裂が入ってしまうことも少なくありません。

また、サイディングボードは何枚も組み合わせて施工しているため、隙間ができないようコーキングを施してあります。サイディングボードが劣化していなくても、コーキングが不十分だと雨漏りのリスクが高まります。

サイディングボードと壁の下地材との間には、防水シートがあります。

外壁の内側に防水シートがあることで、万が一サイディングボードの内側に水が漏れてしまっても、建物内部に被害を及ぼさないようにしているのです。

さらに、防水シートの上に胴縁という木材を取り付けることによって、サイディングボード(外壁材)と壁の下地材の間に空間が生まれ、湿度を逃すことができます。

透湿防水シートは湿気を通し、水を通さない便利なものですが、築年数が経過すると劣化が進みます。

サイディングボード、コーキング、防水シートのいずれかが劣化すると雨漏りの危険度が上がるので、定期的にメンテナンスをしていくことが大切です。

ここからは、サイディングボードの具体的な修理方法をお伝えしていきます。

張り替え


張り替えはその名の通り、劣化したサイディングボードを撤去して新しいサイディングに張り替える方法です。

既存のサイディングボードを剥がすため、普段見られない防水シートの状態をチェックすることができます。

防水シートが劣化している場合には、防水シートごと張り替えを検討するのもよいでしょう。

メリット

  • 既存のサイディングボードを撤去する際に防水シートの点検・交換ができる
  • 軽量にできるので建物への負担が少ない

デメリット

  • 工期が長くなる
  • 費用が高くなる

カバー工法

カバー工法は既存のサイディングボードの上から新しいサイディングボードを施工する方法です。

既存のサイディングボードを撤去しないため、費用や工期を少なくすることができます。

しかし、サイディングボードが二重になるため建物への負担が増すことを知っておいてください。

メリット

  • 撤去しない分工期が短い
  • 張り替えよりも費用が安い

デメリット

  • 防水シートの点検ができない
  • サイディングボードが二重になるので建物への負担が増える

コーキング

コーキングはサイディングボードの目地や隙間を埋めているものです。キッチンや浴室など、水回りで見たことのある方もいるのではないでしょうか。

既存のコーキングを撤去して新たにコーキング材を充填する「打ち替え」と、既存のコーキングの上から追加する「増し打ち」があります。

コーキング自体は1mあたり1000円前後で施工できるため、サイディングボードの張り替えやカバー工法よりも費用を抑えることができます。

しかし、外壁のコーキングは施工箇所が多く、足場が必要になることもあるため、全体的な工事費用をしっかりとチェックしましょう。

メリット

  • 張り替えやカバー工法に比べて安価
  • 細かい補修に適している

デメリット

  • 耐用年数が短い(数年程度)
  • 根本的な雨漏りの解決が難しい場合もある
コーキング
コーキングの種類と雨漏り補修の注意点を紹介!シーリングとの違いは?

今回は雨漏りの補修などで用いられるコーキング材の種類と、修理の際の注意点について解説を行います。 雨漏り修理や外壁修理の見積もりに、「コーキング」とか「シーリング」と書いてあってよくわからない。 コー ...

サイディングの種類

戸建で使われているサイディングボードには、おもに窯業系サイディングボード金属系サイディングボードがあります。

ほかにも樹脂系サイディングボードや木質系サイディングボードなど、さまざまな種類から選ぶことが可能です。

ここでは、日本の住宅でよく採用されている窯業系サイディングボードと金属系サイディングボードの特徴について紹介していきます。

窯業系サイディングボードの特徴


窯業系サイディングボードは最もよく使われているサイディングボードです。

防音性や耐火性に優れているだけでなく、色やデザインも豊富なため人気があります。

部分的にサイディングボードを施工する場合には、元のデザインが廃盤になっているケースもありますが、似た形やデザインのものを探しやすいというメリットが挙げられます。

ただし、金属系サイディングボードに比べると約4倍の重さがあり、耐震性を重視する際には注意が必要です。

金属系サイディングボードの特徴

金属系サイディングボードも人気の高い外壁材です。

デザインは窯業系サイディングボードほど多くはありませんが、遮音性や遮熱性、防水性の面で効果を発揮します。

また、1㎡あたり3〜4kg程度で軽量なため、カバー工法に選ばれることも多くなっています。建物の耐震性を重視する方におすすめの外壁材です。

雨漏り診断士にお任せ!

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※悪徳業者に騙される前に相談

※スマホの方は画像を押すと電話がかけられます。

サイディングの雨漏り修理をプロに依頼した方がいい理由

サイディングボードの張り替えやカバー工法は30坪程度の一般的な戸建でも100万円以上の高額な費用がかかる場合がほとんどです。

そのため、多少の劣化や亀裂を見つけても、工事を後回しにしたいと思う方もいるかもしれません。

しかし、1度劣化したサイディングボードは放っておいても元の状態には戻りません。それどころか、サイディングボードが湿気ったり、結露が発生したりして、カビの温床となってしまう場合もあるのです。

そのため、早めにサイディングボードのメンテナンスをしておくことが重要になります。

サイディングボードのメンテナンスで最も手軽な方法がコーキングです。最近ではDIY動画などもあり、ホームセンターで購入することもできます。

一見簡単そうなコーキングですが、雨漏りを確実に直したいのならプロの修理業者に依頼することをおすすめします。

安藤
なぜなら、雨漏りは単に隙間をふさぐだけでは解決しない場合が多いからです。

最悪のケースだと、建物の内部で水が行き場をなくして余計に家が傷んでしまったり、雨水の流れが変わって、雨漏りの原因を見つけづらくしてしまったりすることにも繋がります。

雨漏りは原因となっている雨の入り口と、室内での水漏れの発生場所が離れていることも珍しくありません。また、1ヶ所の雨漏りに対して、原因箇所がいくつも発生している場合もあります。

雨漏りの原因を全て洗い出し、適切な対処方法を提案し、高い技術力で施工することが雨漏りの根本的な解決には必要不可欠です。

そのため、雨漏りの知識がない方が表面上の隙間を埋めるだけのコーキングをすることは避けたほうがいいでしょう。

雨漏りで困ったら、ぜひ雨漏りの知識や修理実績が豊富なプロの業者に依頼しましょう。

雨漏り診断士が対応

雨漏り修理の無料ご相談はこちら!

※相見積もりや、他社の見積もりに不安がある方も遠慮なくご相談ください。優しいスタッフが1つ1つご質問にお答えいたします。

雨漏り修理は騙される前に相場を確認しましょう!

各地域の雨漏り修理費用の相場

北海道地方 北海道
東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部地方 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿地方 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国地方 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

-コラム

Copyright© プロが語る雨漏り対策とは?台風・ゲリラ豪雨に備えよう! , 2021 All Rights Reserved.